ホーム > 当社がご提供できること/資産形成のパートナーとして

当社がご提供できること

資産形成に必要なのは信頼できるパートナーです。

各項目をお読みいただくと当社がご提供できるサポート内容がよくわかります

  • 購入から賃貸管理・売却までトータルでサポート!
  • 不動産投資のリスク
  • 資産形成のパートナーとして
  • 資金調達について
  • 仲介物件と自社物件

資産形成のパートナーとして

不動産投資(アパート事業)は資産形成の観点で行うべきです。

資産を形成するとは

  • ストックとしての資産を築くこと
  • フロー(キャッシュフロー)を確保すること

の2つを合わせて資産形成であると考えています。

資産形成のポイントは2つです。

  • いかに複数の物件を取得していくか(一棟買って終わりではない)
  • いかに手取り収入を増やすか

1.物件の複数化のために

資産形成においては、単に物件を一棟買って終わりというものではありません。
物件を追加的に取得し、資産を形成していく必要があります。
そのためには、取得の順番が重要です。

取得の順番としては、利回りの高いものから順々に取得する必要があります。
これは、取得した物件から上がってくるキャッシュフローを次の物件にあてる
(自己資金として使う)ことができるためです。

年収3,000万円の事例

キャッシュフロー 目標 1,500万円

物件を複数化するためには、ポートフォリオを構築するという観点も重要になります。
エリア、築年数、種類をバランスよく考え取得していく必要があります。

2.手取り収入の最大化のために

キャッシュフローを確保し、税金を控除した手取り収入を最大化する必要があります。

キャッシュフロー 手取り収入 最大化

して、日本は諸外国と比較しても、決して税金の低い国ではありません。
手取り収入を最大化するためには、税金のコントロールが必須になります。

当社では、不動産投資を開始するためにあたっての仕組みづくりが重要だと考えています。

  • 個人名義での取得(借入)
  • 配偶者などの家族名義での取得(借入)
  • 資産管理法人を設立しての取得(借入)
  • 既存法人での取得(本業法人、MS法人など)

という選択肢があるなかでお一人お一人の状況に合わせたご提案をしております。

ポイントは 家族内における所得の分散、そして手取り収入の最大化です。

資産管理会社の3形態

  • 資産保有形態
  • サブリース形態
  • 管理委託形態

資産管理会社を設立する

資産管理会社を設立する

不動産投資家向けコンテンツ

投資相談を申込む