ホーム > 【フジサンケイビジネスアイに掲載されました】

ニュース

NEWS【フジサンケイビジネスアイに掲載されました】

2017年10月30日 【フジサンケイビジネスアイに掲載されました】

10月30日のフジサンケイビジネスアイに弊社が10月24日にメディア媒体向けに行いました、第13期ビジネス戦略発表会に関する記事が掲載されました。
また、Sankei BizのWEBにも同じ記事が掲載されております。
内容は以下の通りでございます。是非ご覧ください。



『 収益用不動産の売買、仲介、賃貸管理を行う武蔵コーポレーション(さいたま市大宮区)は、営業体制を強化する。その一環として出店戦略を加速。2019年8月期までに拠点数を現在の4支店から10支店へと大幅に増やし、全国主要都市で展開する。また、中古物件の流通促進に向けて独自の認定制度を開始するほか、3、4年後をめどに東南アジアの物件の取り扱いに着手する。
 一連の取り組みによって10年後をめどに、現在の11倍に相当する1000億円の売り上げを目指す。
 同社は中古の不動産を買い取り、リノベーション工事を行った上で販売。管理と売却に至るまでのサービスをワンストップで提供する。年金問題への不安を踏まえ、将来に備え資産形成したい人が増加するなど、同社のビジネスに対しては、「想像以上にニーズが高まっている」(大谷(おおや)義武社長)という。
 業績も好調で東京圏での事業に力を入れた結果、17年3月期の売上高は90億円と前期比でほぼ2倍増となった。このため今後も需要が見込まれる主要都市に進出することで攻勢をかける。
 現在の支店は東京本部と宇都宮、高崎、横浜。今後は千葉に加えて名古屋や福岡、大阪といった地方の主要都市に進出する。また、総合資産運用会社を創設。個人の資産形成、保全を総合的にサポートする仕組みも導入し、1000億円体制の足掛かりを築いていく。社員数も10年後をめどに7倍強の1000人まで拡大する。
新たに開始する中古収益物件の認定制度は「ReBreath(リブレス)」。武蔵コーポレーションが買い取った中古の収益物件について、(1)建ぺい率制限に違反していないか(2)居室の採光と換気は確保されているか-など、独自に設定した70以上の項目について検査診断を実施。不適合箇所が存在する場合は大規模修繕工事などを行い、投資商品としての安全性を確保する。基準をクリアした物件については検査診断書、保証書を発行して認定再生物件「リブレス」として認定する。
 投資家の間では、高い収益性を確保しながらも建物の状態や入居者の属性を正確に把握し、満室状態で安心してアパート・マンション経営を行いたいといったニーズが高まっている。』



SankeiBiz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/171030/bsl1710300500001-n1.htm

Yahoo!Japan
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00000019-fsi-bus_all

Gooニュース
https://news.goo.ne.jp/picture/business/bsl171030001.html


平成29年10月30日  フジサンケイビジネスアイ 

不動産投資家向けコンテンツ

不動産投資相談を申込む