ホーム > 武蔵ONLINE記事一覧 > 収益物件の管理 > アパート経営をする上で知っておきたい入居者募集の方法

 

アパート経営をする上で知っておきたい入居者募集の方法
平成30年01月06日

アパート経営をする上で知っておきたい入居者募集の方法

アパート経営において最も大きなリスクとなる空室リスク。その空室対策の一つとして重要な役割を担うのが入居者募集です。入居者募集はどのように行うべきなのか、その基本的な考え方と方法について説明します。

入居者募集業務について

 

入居者募集業務とは、賃貸物件の空室をどうやって埋める(売る)かという業務です。

 

賃貸アパートは必ず一定の割合で退去が発生します。アパートオーナーはこの退去による空室をいかに早く、なるべく高い家賃で埋めるかを考えなくてはいけません。

 

空室の期間が長く続くことは、そのまま家賃収入がない時期が続くことを意味します。また、すぐに入居者が現れたとしても、家賃が安すぎるのでは好ましい結果とは言えません。

 

短い空室期間で希望金額に近い家賃の入居者が獲得できること、つまり、稼働率を上げて安定した売上を得ることがアパート経営における理想です。入居者募集業務はその理想に近づくための重要な要素となります。

入居者募集の方法

 

入居者募集はオーナーみずからが行うのではなく、賃貸仲介会社に募集を依頼するのが一般的です。賃貸物件に客付けすることをリーシング、リーシングを行う仲介会社を活用して行う入居者募集業務のことを専門用語でリーシングマネジメントと言います。

 

リーシングマネジメントにおいて大切なことは、入居者募集を任せる仲介会社に営業をかけて、優先的に入居希望者を紹介してもらえるような関係性を構築することです。

 

この仲介会社探しや仲介会社への働きかけはオーナー自身が行います。もしくは、オーナーが行う業務を代行する管理会社に、リーシングマネジメントを任せる方法もあります。

募集媒体について

 

入居者募集と言うと、多くの人はまずネットなどを使った広告宣伝活動を思い浮かべるかもしれません。確かに現在は、インターネットで簡単に部屋を探せる時代です。入居希望者がパソコンやスマートフォンで希望条件を入力すれば、条件に見合った部屋を簡単にいくつも閲覧できます。

 

こうしたネットを使った入居者募集の仕組みは、今後ますます利便性を向上させていくでしょう。ただ、オーナーの立場として考えると、現在のところはまだ、ネットを使うよりも直接仲介会社に働きかけるほうが入居者を集めやすいと言えます。

 

というのも、ネットで物件を見た方が次にとる行動は、実店舗に足を運ぶか、電話や問い合わせフォーム、メールで仲介会社に連絡することです。すると最終的には、ネットで見つけた物件そのものではなく、仲介会社の営業マンとのやりとりで紹介された物件に決まるというケースが圧倒的に多くなります。

 

これはネットに広告を出すことが無駄だということではありません。そのことにも一定の効果はありますが、ネットに広告を掲載しただけで空室が埋まっていくところまではまだ達していないのが現状ということです。

 

そのため、リーシングマネジメントでは、まず仲介会社に対してしっかりと営業し、入居者募集の依頼をすることを優先するほうが得策と言えます。依頼した後も仲介会社と連絡を取り合い、連携を密にすることを心がけましょう。

入居者募集をするために欠かせない条件を整える業務

 

入居者募集を行う際は、リーシングマネジメント以外にもオーナーがやるべき仕事があります。 まず、募集をかける前には、退去後の原状回復工事やリフォーム工事を手配します。入居者募集によって案内数だけが増えても、入居希望者に気に入られなければ空室は埋まりません。入居希望者が魅力を感じる、アピール力のある住環境を整える必要があります。

 

また、家賃設定も重要な項目です。家賃は査定額などを参照して決めますが、それに加えて周辺の物件の相場も知っておく必要があります。できるだけ希望額に近くなるよう、しかし相場から離れすぎて空室期間が続くことのないように、バランスの良い価格を探らなければいけません。 多くのオーナーは管理会社や仲介会社と相談して決めており、ここでも会社を上手く使うことが重要になってくるでしょう。

 

空室を埋めていく入居者募集は、地道な作業を着実に積み重ねていくことが功を奏する業務でもあります。できることをしっかりと実行して、入居者を獲得していきましょう。

 

↓↓↓ 書籍『「アパート事業」による資産形成入門』無料プレゼントはこちら ↓↓↓

書籍『「アパート事業」による資産形成入門』無料プレゼントはこちら

 

関連記事

賃貸需要最前線!【春日部エリア】

不動産投資で賃貸経営! 経費に計上できるものとは?

不動産投資で注目すべき地方物件の利回り

アパート経営をする場合は物件を選ぶときに入居率を確認しよう

収益物件を扱っている不動産会社の種類

不動産投資家向けコンテンツ

不動産投資相談を申込む