ホーム > よくある質問 > その他

よくある質問

その他

    • <質問>
      重要事項説明書とは何でしょうか?
      <回答>
      不動産取引において、物件の内容や取引の条件等について、契約をするかどうかを決めるために必要な情報が記載された書面のことを重要事項説明書と言います。略して「重説」と呼ぶこともあります。契約の際に、不明なことや疑問に思ったことがあった場合には、遠慮せずに質問をして、わからないことはそのままにしないことが重要です。 当社では、該当物件に関して土地(地歴や境界、敷地の利用等)・建物(各種の修繕履歴や収入支出等)・賃貸借関連(滞納や管理状況等)において約100項目にもわたって独自の「収益チェックリスト」を活用し、物件状況を確認しています。契約時の重要事項説明ではこのチェックリストをもとに物件の状況を丁寧にご説明しております。不動産業者でも重要事項の説明対応には差がありますので注意が必要です。
    • <質問>
      今後の日本の世帯に関してはどのようになると予測されますでしょうか?
      <回答>
      世帯総数は2019年をピークに減少を開始すると言われています。また、平均世帯人員も減少が続く見込みです。その一方で、「単独」「夫婦のみ」「ひとり親と子」の割合が増加するという統計もあり、2010~35年の間に「単独」世帯は32.4%→37.2%、「夫婦のみ」は19.8%→21.2%、「ひとり親と子」は8.7%→11.4%と割合が上昇する見込みです。
    • <質問>
      物件を売却をする際、アパートのまま売却する以外にも選択肢はありますでしょうか?
      <回答>
      大きくわけて三つの方法があります。ご質問にありますようにアパートをアパートとして売るか、もしくはアパートを取り壊して更地にして売るか更地にした後新築アパートを建築するかです。 物件を売却した後、うまくキャピタルゲインを獲得できた場合には、それを次に購入する物件の自己資金として活用する戦略もありえます。保有している物件の売り時やアパートのまま売却かするかどうかを見極めるのは難しいですが、信頼の置ける事業者に相談をしてみると良いでしょう。
    • <質問>
      現物の不動産投資とREITとの違いは何でしょうか?
      <回答>
      不動産投資は大きく現物投資とREIT(不動産投資信託)に分けられます。現物投資とは、実際に現物の不動産を購入して家賃収入を得る方法です。REITとは、投資法人が投資家から資金を集め、その資金を多数の不動産へ投資し、分散投資を行う方法のことです。







      不動産投資は大きく現物投資とREIT(不動産投資信託)に分けられます。現物投資とは、実際に現物の不動産を購入して家賃収入を得る方法です。REITとは、投資法人が投資家から資金を集め、その資金を多数の不動産へ投資し、分散投資を行う方法のことです。
    • <質問>
      重要事項説明書とは何でしょうか?
      <回答>
      不動産取引において、物件の内容や、取引の条件等について、契約をするかどうかを決めるために必要な情報が記載された書面のことを重要事項説明書と言います。略して「重説」と呼ぶこともあります。契約の際に、不明なことや疑問に思ったことがあった場合には、遠慮せずに質問をして、わからないことはそのままにしないことが大事です。
    • <質問>
      造成宅地防災区域とは何でしょうか?
      <回答>
      造成宅地防災区域とは、造成された一団の宅地のうち、地震等によって地盤の滑動等の災害が発生する恐れが大きいとして指定される区域をいいます。造成宅地防災区域内の造成宅地の所有者等は、災害防止のための擁壁等を設置する等の責務を負うほか、都道府県知事等が、所有者等に対して、災害の防止のために必要な措置を講じるよう勧告や改善命令を行なうことがあります。
    • <質問>
      現在、土地を保有しております。建物を建て運用するべきか、土地のまま売却するべきか、悩んでおります。どのように判断をすれば良いかアドバイスをお願いします。
      <回答>
      土地は個別性が高く、一概に言うことはできませんが、自己資金をある程度保有しているようであれば、建物を建て運用するというのも一つの手だと考えます。ただ、それにはそもそもその土地のエリアの賃貸需要がどの程度あるのかを見極める必要があります。
    • <質問>
      近い将来、アーリーリタイアを考えておりますが、どのように行動すればよいか教えてください。
      <回答>
      ご自身が毎月どのくらいのCF(キャッシュフロー)が必要であるかを一度計算してみるとよろしいかと思います。投資にはさまざまな種類の投資がありますが、その中でも不動産投資は毎月のCFを得られやすく、比較的早期にリタイアをしやすい投資なのではないかと考えます。ただし、仮に家賃収入が年間3,000万円あり、CFで1,000万円残るような場合であっても注意を要する必要があります。保有後減価償却が少なくなり、徐々に経費に計上できる金利も少なくなり、将来CFが大きく減少することも考えられるからです。物件も一定期間で売却せざるを得ないケースもあるでしょう。また、会社を退職する等してアーリーリタイアをしている場合には、融資戦略上次の物件の購入に支障をきたすことも考えられます。
    • <質問>
      登記識別情報とは何でしょうか?
      <回答>
      登記識別情報とは、登記手続きが終了した際に、法務局から発行される登記名義人を識別するための情報です。具体的には、12桁の情報で登記識別情報通知書に記載があります。将来的に不動産を売却したり、抵当権等の担保に供したり、登記義務者として登記を申請する際には、この登記識別情報が必要となります。
    • <質問>
      手付金とは何でしょうか?
      <回答>
      手付金とは、一般的に売買契約時に買主から売主に支払う金銭のことをいい、契約の成立を示す証拠金といった意味合いをもちます。この手付金は、最終的には売買代金に充当されます。

キーワードで探す

個別相談をご希望される方へ。投資に関するご相談はお気軽に!

無料投資相談申込みはこちら

質問受付フォーム

以下の項目をご入力ください。(マークが付いている項目は必ずご入力ください。)

お名前
性別
 
年齢
メールアドレス

※すべて半角英数で正確にご入力ください。

質問内容を
ご入力ください

ご入力いただいた個人情報については「個人情報の取扱について」を必ずご確認のうえ、
ご同意いただける方のみ下記「送信内容確認画面へ」をクリックしてください。

お電話でのお問合せはこちらから 0120-188-634

注意事項 お客様からいただいたご質問内容は当ページに掲載させていただくことがありますのでご了承ください。
回答内容は回答時点のものであり、その後の社会情勢の変化などで現在にそぐわなくなっている内容もありますのでご了承ください。

あなたに合わせた具体的なお話が聞きたい方には、無料投資相談も受け付けております!

  • セミナーに参加したいがスケジュールがなかなか合わない
  • いろいろセミナーに参加したが、具体的にどうすればいいかよくわからない
  • 自分に最適な物件がどんな物件か教えて欲しい

こんな方はまずは下記からお気軽にお問合せください!

無料投資相談申込みはこちら

当社なら確かなノウハウに基づいたトータルサポートが可能です。詳しくはこちら

不動産投資家向けコンテンツ

不動産投資相談を申込む