ホーム > よくある質問 > 融資

よくある質問

融資

    • <質問>
      不動産投資を実際に行うにあたり、事業計画はどのように立てればよろしいでしょうか?
      <回答>
      事業計画を立てるにあたり、重要なポイントの一つに金融機関の融資戦略があります。なるべく良い融資条件を引き出せる金融機関を先に使うことができるよう綿密な事業計画を立てると良いでしょう。具体的には、地方銀行や信用金庫等にパイプのある不動産会社に担当者を紹介してもらう方法が有効でしょう。その際、自己資金をどのくらい用意するのか、不動産投資からどのくらい収入が必要なのか、目標をどのくらいの期間で達成したいのか等も考えていく必要があります。
    • <質問>
      金融機関から融資を受ける際、自己資金を極力使わないようにする方法はありますでしょうか?
      <回答>
      通常、不動産投資をする際には、物件にもよりますが物件価格の1割~3割程度の自己資金が必要になります。個人の方の場合には、融資を受ける時点での勤務先やご年収、勤続年数等は金融期間にとって重要な融資判断のポイントとなります。物件にもよりますが、担保評価が高く、また、金融資産が多い場合には自己資金が少なくてすむケースもあります。融資を受ける時期や金融機関、また、購入物件によっても変わってきます。
    • <質問>
      現在、不動産投資をするには年収が低いのですが、今後どのようにすれば良いか教えてください。
      <回答>
      金融機関によっては物件の担保評価と同じかそれ以上に、新規に借入れを希望する方の属性を重視します。年収をすぐに上げることが出来るのであれば良いですが、それが容易でない場合には、自己資金を少しずつ貯めていくことを考えると良いでしょう。
    • <質問>
      共同担保とは何でしょうか?
      <回答>
      共同担保とは、同一の債権の担保として、数個の物に担保権を設定すること言います。共同担保を設定することで、複数の不動産を所有する融資申込者は、融資審査が通りやすくなったり、融資金額の増額を図ることができるケースがあります。
    • <質問>
      根抵当権とは何でしょうか?
      <回答>
      根抵当権とは、一定の範囲内の債権を極度額の範囲内で担保するために、不動産に設定された担保物権のことです。不動産を担保にした場合に設定される抵当権の一種とも言えます。抵当権は特定債権について適用され、債権金額もその額面によって固定されています。通常、特定の不動産に対して、抵当権を設定したら、その抵当権について、別の担保は重複して設定できません。根抵当権の場合には、特定の債権ではなく、ある一定範囲について、まとめて担保するために設定される担保権となります。将来借り入れる可能性がある分も含めて、不特定の債権の担保としてあらかじめ設定しておくことが可能です。
    • <質問>
      抵当権とは何でしょうか?
      <回答>
      抵当権とは、金融機関等がお金を貸す際に、不動産や権利(地上権等)あるいは動産(自動車や機械、船舶、飛行機等)等に設定する担保のことです。担保の種類にはさまざまな種類がありますが、特に不動産を担保とする場合についてくる権利がこの抵当権で、土地や家等の不動産資産を担保にお金を借りる場合、担保となる不動産には、この抵当権が必ず設定されます。万が一、債務が滞る等があった場合、貸主はこの抵当権によって、不動産を競売にかけ資金を回収します。
    • <質問>
      ローン特約とは何でしょうか?
      <回答>
      金融機関等の融資を前提として不動産を購入する場合に、予定していた融資が不成立になると、不動産の購入ができなくなる可能性があります。そこで、不成立になった場合に、売買契約自体を白紙に戻すことができるといった特約を売買契約書の条項に盛り込むことがあります。これを一般的に「ローン特約」といいます。ローン特約は、売主と買主の間で合意があればつけることができ、ローン特約により売買契約自体が解除となった場合は、売主は買主から既に支払われた金銭を一般的に無利息で返還します。
    • <質問>
      借入をしてまでも不動産投資をするメリットはあるのでしょうか?
      <回答>
      不動産投資が他の投資と違う最大のポイントの一つに金融機関からの融資を受けられることが挙げられます。金融機関から借入した資金で賃料収入を得ることができれば、利益となります。借入自体は悪いものではなく、借入をして投資が予定どおりに収益を生むかどうかが重要となります。
    • <質問>
      自分にあった金融機関はどのようにしたら見つけることができますでしょうか?
      <回答>
      融資に強い不動産会社に確認をされることをおすすめします。一般的に金融機関は取引実績のない方には融資をあまり出さない傾向にあります。当社の経験から言いますと、金融機関には必ず紹介で行くべきです。金融機関はお金を扱う性質上、その方(会社)が信用に足るか否か、かなり慎重に見てきます。その方が信用できるのかできないのか、その判断が最重要になるからです。金融機関に飛び込みで融資を依頼するのと、紹介で行くのとでは、先方の対応が大きく違ってきます。最も効率的なのは、ターゲットとする金融機関と取引関係が深い不動産会社の紹介を取り付けることです。

キーワードで探す

個別相談をご希望される方へ。投資に関するご相談はお気軽に!

無料投資相談申込みはこちら

質問受付フォーム

以下の項目をご入力ください。(マークが付いている項目は必ずご入力ください。)

お名前
性別
 
年齢
メールアドレス

※すべて半角英数で正確にご入力ください。

質問内容を
ご入力ください

ご入力いただいた個人情報については「個人情報の取扱について」を必ずご確認のうえ、
ご同意いただける方のみ下記「送信内容確認画面へ」をクリックしてください。

お電話でのお問合せはこちらから 0120-188-634

注意事項 お客様からいただいたご質問内容は当ページに掲載させていただくことがありますのでご了承ください。
回答内容は回答時点のものであり、その後の社会情勢の変化などで現在にそぐわなくなっている内容もありますのでご了承ください。

あなたに合わせた具体的なお話が聞きたい方には、無料投資相談も受け付けております!

  • セミナーに参加したいがスケジュールがなかなか合わない
  • いろいろセミナーに参加したが、具体的にどうすればいいかよくわからない
  • 自分に最適な物件がどんな物件か教えて欲しい

こんな方はまずは下記からお気軽にお問合せください!

無料投資相談申込みはこちら

当社なら確かなノウハウに基づいたトータルサポートが可能です。詳しくはこちら

不動産投資家向けコンテンツ

不動産投資相談を申込む