高い専門性に培われた管理運営アドバイス、オーナー様の経営代行として、オーナー様の利益を最大化するサポートをいたします!

平均入居率97%の管理方式でアパート経営を全面的にサポート!! 武蔵コーポレーションの賃貸管理

お電話でのお問合せ 0120-188-634 ご入居者様向けのHPはこちら TEL:03-6206-3520|お部屋のトラブル・契約・解約・お支払

管理のお問合せ 資料請求

ホーム > お知らせ

お知らせ

ニュース・トピックス

  • 令和元年9月7日

    全国賃貸住宅新聞に掲載されました

    8月26日の全国賃貸住宅新聞に座談会レポートが掲載されました。
    (当社の賃貸管理部課長:樫本と他2社様での座談会でのコメントです)

    是非ご覧ください。

    以下掲載内容となります。

    ーーーーー

    【180倍の生産効率化】
    ―――どのタイプのRPAを使っていますか

    (樫本)私たちは目の前にある簡単な処理から導入を始めたので、今はデスクトップを使っています。ただ、システム部門の人員がそこまで多くないということもあり、今後はクラウド型との併用を考えています。

    【現場をヒアリング】
    ―――RPA導入を検討している企業の参考として、どのような経緯で導入まで至ったかを教えて下さい

    (樫本)メイン事業の買取再販で管理戸数が増える中、個別の対応を求めるオーナーさまも増え、そこを効率化できないかと考えたのが導入のきっかけでした。そして内製化を前提として社内でヒアリングを行い、自動化できるものから作業に優先順位をつけ、着手していったのが始まりです。

    【内製化のメリット】
    ―――内製化か外注かという点に大きな違いがありますが、この違いをどう思いますか

    (樫本)正直なところ、当社では「とりあえずやってみよう」という勢いから始まったので、最初から内製化で進めてきました。また、外部にお願いすると、設計が出来上がったころには既にその業務自体が変わっているということも過去に何度かあり、社内で作らないと間に合わないという側面もありました。また、当社は社員の平均年齢が24歳と比較的若い会社のため、新しいものに対して抵抗がないことも組織全体で前向きに内製化に取り組めた点だと感じます。

    ―――今後の取り組みについて教えて下さい

    (樫本)当社もOCRの導入を積極的に進めており、外部との請求書のやりとりに活用する方法を構築しているところです。当社は仲介業者や修繕業者と関わる機会が多いので、自社だけでなく外部業者の方々との関係構築にもメリットがある形を作っていきたいと考えています。
     

    ーーーーー

管理に関するお問合せはこちら