投資相談お申込みはこちら

03-6206-3550
ご入居者様向けのHPはこちら

ホーム > お客様の声 資産形成(購入)

お客様の声 資産形成(購入) お客様の声

344件中の21~40件目を表示

オーナー0390

オーナー その他画像

Q.武蔵に管理をお任せいただいて一番良かったのはどのようなところでしょうか。


武蔵に一番期待していたのは空室が出たときの入居付けですね。できるだけ早い入居付けというところを一番期待してお願いさせていただいていたのですが、期待通りです。空室がでたらすぐにご連絡いただいて。募集条件を相談の上決めたらすぐに募集をかけていただくというところですね。
そこについては本当にスピーディーにご対応いただいて、大体一か月前に退去予告が来るんですが、それから募集をかけていただいて、実際に退去が発生する前に次の入居者を決めて頂くことも結構多くて、これは本当にびっくりしました。


空室期間は今は一か月を超えることはないですね。むしろ退去前に決まることもあるので、多分ならすと本当にゼロ日みたいな(笑)退去日には次の入居者が決まっているのが今の平均値になっているのかなと感じますね。
武蔵の管理手数料については、形式的なところは他の管理会社さんと同じだと思いますので、やはり実質的な管理費用というところでいかに空室を少なくして、稼働率を上げることが重要だと思います。

空室率を下げることで実質的な管理費用も低くなっていると思いますので、そこは非常に良かったのかなと思います。


Q.数年前にご友人にも弊社の管理をご紹介頂きましたが、いかがでしたか。


きっかけは友人がたまたま新規の物件を買う中で管理会社がないかと相談を受けた事です。やはり管理会社にお願いするからにはちゃんと空室の入居付けをしてくれる会社に任せるのが一番だということで、私から武蔵さんを紹介させていただきました。


彼の物件は、どちらかというと遠隔地にありまして。そもそも入居付けが難しくて、新しい転勤なり、入居、引っ越しをしてくる人が結構少ない地域に持っていて、日ごろから大変だという風に聞いていましたので。そこは武蔵さんのところで、入居者を広域にわたって呼びかけていただけるというところが圧倒的に他の管理会社さんと違うので、紹介しました。一応満室にしていただいているという風には聞いていますので、よかったなと思っています。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

 

税理士(50代)オーナー0389

税理士(50代)オーナー その他画像

Q.当社を知ったきっかけは


社長さんの書籍を読ませて頂いて、やっぱり減価償却ですね。私も職業柄、会計とか税理の仕事をしていますので、大谷社長が不動産投資における減価償却にすごく着目されてまして。非常にいい着目点で、共感する部分が非常に多かったです。それで、武蔵さんにすごく興味を持ちました。


Q.その後セミナー、個別相談を経てご購入いただきましたが


セミナーのお話で太田専務さんもかなり投資をされていて、5億近く持たれているというのが、やっぱりすごいなって思いました。自らされているとのことで話も説得力がありますし、大変参考になりました。 個別相談では営業の門馬さんからお話をうかがい、たまたま私埼玉なので、埼玉県信用金庫さんであれば有利な条件で紹介できるということで、何物件かご紹介頂きまして、シミュレーションなど色々出して頂いて、それを見て決めました。


あと、自分なりに想定を決めて、8年から10年くらい運用するつもりでシミュレーションしてみました。これであれば、投資した資金がもしかしたら倍以上に出来るかなって自分なりに確認をして、あ、これは上手くいくかなということで、購入を決断いたしました。


Q.税理士という立場から見た当社で提供している商品はいかがですか


不動産は数ある投資商品の中で僕は一番有利だと思っています。金融商品ですとほとんど金利がゼロの世の中で株式とかなにもかも変動があります。私も前、証券関係の仕事をしていましたけれども、長いことやってもですね儲かるときもありますけど、結局世界中リスクだらけなので損することもあります。


結局、日本の株式市場を見ても、バブル崩壊以降下がったままで最高値を30年以上更新していません。アメリカ株とかであれば違ったかも分かりませんけど、そういう面でも不動産の場合は借入をすることによって、てこの原理で儲けることができます。


不動産は目に見えて毎日相場が変わっているわけではないので気にもなりません。ある程度、一回買っちゃって投資したらもうそのまんま。逆に手間がかからないといいますか、管理もやって頂いているので全く手を動かさず、且つ、借りて頂いた店子さんが、私の借金を返してくれますので。 借金が減った分だけ自分の資産が増えるという認識でやっています。


Q.ご検討されている方にアドバイスがございましたら


不動産投資というよりも、不動産経営なのでやっぱりきちっとキャッシュフローが回るように、経営がうまくいっていれば必然的に、最終的に、出口というか売却のところまでスムーズに行きますから。


ある程度手金を入れないとうまく資金が回らないと思いますので、手金を入れて利回りがある程度の物件であれば、毎月のキャッシュフローで自分の手金は回収できます。


だから、売却益はボーナスというかですね、そういった価値になりますので、ぜひ多少の頭金を貯めていただいて無理のないように借り入れでうまくレバレッジかけて頂ければ、非常にうまくいくんじゃないかと思います。

地主(80代)オーナー0388

地主(80代)オーナー その他画像

税理士の先生が「武蔵さんなら、大丈夫だと」


平家のころからの土地です。


ご先祖様が平家の武士として戦っていたんです。倉庫には今も刀をはじめ色々なものがあります。ええ、まぁ、昔からいる土地で、賃貸経営をやらさせていただいているのですが、武蔵さんとのおつきあいは3年半ぐらいになります。新聞の広告を拝見いたしまして。やはり入居率97%に惚れまして。それで、私の長くおつきあいさせいただいている税理士の先生にその広告を持っていきまして。先生が武蔵さんのことをかなり詳しく調べていただいて。「武蔵さんなら大丈夫でしょう」という太鼓判を押していただき、お願いすることにしました。私は、本当に詳しいことはわからないので、こういうことは全部プロである税理士の先生に相談しているんです。


120戸。空室が2割強。税金を払うのも大変でした。


武蔵さんにお願いするまでは、地元の管理会社さんに頼んでいたんですが、一時期は20%以上も空室になってしまって、税金がまかなえないんです。本当に、夜も眠れない。管理会社さんに相談しても「今の時代、空室の2割、3割なんて当たり前ですよ」っと言われてしまって。それで、管理会社さんを思い切って変えようと。初めて武蔵さんが私の家にいらしたときは、当時の課長さんと山口さん(武蔵)がいらしてくれたんですが、もう、山口さんの顔を見てもわかるとおり、人間的にとっても素敵で、いろいろとお話を聞いていただき、それじゃ、ということで、4棟すべてをお任せしました。


同じ物件なのに、入居率がこうも変わる。


武蔵さんの入居率97%というのは、こういうことなんだ!と、とても実感しております。同じ物件なのに、こんなにも入居者さんが入ってくれるのかと。それに、マンション経営というのは、ゴミの問題とか、駐車場の問題とか、修繕のこととか、山ほど問題がでてくるんです。それも全部、山口さんに解決していただいています。すぐにお電話して、山口さんがすぐに対応してくださる。毎月の細かい報告もしてくださいますし。その書類を私の税理士の先生がみてくれてまして「しっかりした書類です」と確認していただいています。


武蔵さんには息子の面倒も、みていただきます。


このあいだ、武蔵さんが主催されているオーナーズクラブという、武蔵さんのオーナーさんが集まる会に出席させていただいたのですが、その時にせがれも連れていきました。武蔵さんの方々にお会いして、社長さんをはじめ、みなさんがどんな方かということも勉強させたいと思いまして。やっぱり、安心して引きつがせるには、せがれも納得して、そして山口さんをはじめとした武蔵さんの方々にも息子の面倒をみていただかないと、という思いからです。


ノルマのない経営が素晴らしいです。


オーナーズクラブで、初めて大谷社長とお話しさせていただいたのですが、ふつう社長さんというと、威張っているようなイメージだったのですが、謙虚で、皆さんに気を遣われていて、びっくりしました。それに経営方針も立派だと思います。たいていは、どこの会社もグラフのようなものを作って稼げみたいなことをしますが、特に不動産業界は多いと思います。でも、武蔵さんはノルマを一切かけないと。従業員の方たちを信用されている。そういう企業だからこそ、いい方がたくさん集まってくるんだと思いました。大谷社長にも「山口さんのおかげで生活できております。これからは息子もよろしくお願いいたします」とお話しさせていただきました。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

会社経営者(60代)オーナー0387

会社経営者(60代)オーナー その他画像

「問題があった時にこそ、信頼できるか、がわかる」


本業のバックアップとして、不動産を選びました。


経営者をやっていますと、やはり何かがあった時に不安です。そのバックアップとして、株やFXなどの投資も考えたんですけど、ずっと勉強したり、相場を常に見ていたりしないとできない。それだけの時間を割くくらいなら、本業に集中した方がいいですよね。不動産は管理会社がやってくれますから、基本的には何もしなくていい。任している間に勝手に収益を生んでいる。ここが一番、不動産と他の投資の違うところだと思います。だからこそ、不動産はどこの誰に任せるかが非常に重要になってくるわけです。


水道管が破裂!


実は…。武蔵さんから何棟か買っていた物件の中に、あまり良くないものがありまして……。元々、会社の社宅として使われていたもので、売却のために2年くらい空いていたんです。その物件を購入した後、水道管が破裂する事件が起こったんです。しかも何部屋も。「これはとんでもない物件だ!」と大谷社長に相談しました。すぐに弁護士さんを紹介してくれて。結果、売主さんも悪い方ではなかったので、裁判にならずに弁護士さんを通して解決できました。そのあとに驚いたことことがあったんです。「こんな物件を紹介して申し訳ない」と、大谷社長が弁護士さんへの仲介料を全額返してくださったんです。よその会社じゃ、売っておしまい。こういった対応は、絶対ありえないですね。私はいくつかの不動産屋との付き合いがあったんですけど、問題があった時にこそ、その企業さんの誠意が見えてくるんですよ。あれ、武蔵さんじゃなかったら面倒見てくれていないですから。


定額制のリフォームも、そう。プロに全部任せるのが、一番いい。


信用の積み重ねで何棟か武蔵さんから物件を購入しています。武蔵さんのところって他とは違っていて、定額制のリフォームをされているんです。普通なら、相見積もりを取って「こちらの会社さんにリフォームをお願いしましょう」という流れだと思うんです。そうなると、見積もりを出されても、良いのか悪いのかよく分からないので、詳しくチェックしたくなる。「本当に一番安いの?」とか言いたくなります。でも武蔵さんの場合は、過去のデータを集めて、相場と比べて、この平米数でこの築年数ならこれだけのリフォーム代です、という基準がある。最初は、そのやり方は損なんじゃないかと疑って、私が想定するシミュレーションで計算してもらったり、過去の物件を2〜3年遡って修理費にどれくらいお金がかかっているか調べてもらったりしたんです。そしたら結局、武蔵さんに任せた方がお得だね、となった。当たり前ですよね、武蔵さんのところは、リフォーム会社と提携契約して、まとめて発注しますから。高いわけがないんですよ。今では「武蔵さんがそう言うなら間違いない」という感じで、完全にお任せしています。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

会社経営者(60代)オーナー0386

会社経営者(60代)オーナー その他画像

「20年近く空いてた部屋が、即満室」


突発的なことが起こるビルとアパート経営。ずっと誰かに頼みたかった。


本業の酒屋とは別に、ビルとアパートの経営もやっています。地元の不動産屋に頼んではいたんですけど、なかなか迅速な対応とまではいかない。私は商売をやっているもんですから、グズグズが嫌いな性分。お客さんからクレームが来たら即、すっ飛んでいきます。ですから、ほとんど自分が即対応して、いろんな業者さんに頼んだりしていたので、誰かに任せられないかなと常々思っていました。ある時、大学時代からの盟友でもあり、武蔵さんの顧問でもある小倉くんに「武蔵で管理してあげるよ」と。タイミングバッチリ。即答で、お願いしました。




10部屋のうち、5部屋空いていた。


小倉くんのはからいで、2つの物件を山口さんという方に任せることになりました。私が電話をすると、すぐ飛んで来てくれて。やさしい顔はしているけれど、動きは早い。信頼のおける営業マンという感じ。その山口さんの助言で、長年空いているアパートの5部屋をリフォームすることにしたんですね。リフォームが終わった途端に即満室!地元の不動産に頼んでもなかなか決まらなかったあの部屋が、あっという間に。いやぁ、もう、ありがたかった!去年の暮れには、外装までキレイにしまして。これも山口さんの提案。ご近所さんから「新築になっちゃいましたね」って褒められちゃいましたよ。職業柄、いろんな営業マンがお店に来ますけど、最初は店先で会話をするくらい。仲良くなってくると事務所に案内するんですが、山口さんは奥座敷。普通はだいたい事務所止まりなんですけど、彼は特別。ちなみに先ほども言ったようにビルも、持っているんですが、先月知り合いのスナックが入って、明後日は武蔵さんの紹介でベトナム料理屋さんが入ることになっています。今の時代、テナントが出て行っちゃうと、次がなかなか決まらないんだ。それがね、2店舗連続で!「また、入ったよ」と近所でウワサになるでしょうね。




武蔵は、徹底した管理をする新しい不動産の会社。


普通、不動産業っていうと土地の売買から始まって、家やマンションの売買というイメージがあったんですけどね、武蔵さんは管理に特化している。これって、ニーズがあると思いますね。私と似たような悩みを持ったアパートのオーナーが、全国にたくさんいると思うんですよね。これから日本は人口が減少していくわけですから、地域によってはアパートも余ってくるところも出てくるはず。ですから、この入居率、そして行き届いた管理は、素晴らしい!新しいタイプの企業ですよ。まだまだ若い会社だけど、不動産業界のトップになりうるんじゃないかなと、私は思っています。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

(30代)オーナー0385

(30代)オーナー その他画像

「入居率90%以上と、言う会社ほかにもはあります。でも、自動販売機は提案してこない。」


大谷社長の本は、地主目線ではなく投資家目線でした。


3年くらい前に、物件の管理をお願いする会社を探していまして。不動産の仕事をしている私の主人から、大谷社長の本を勧められたのがきっかけです。今までは収益用不動産いうと、地主さん相手の会社が多かったのですが、武蔵さんは投資家さんの目線で考えているなぁ、と思いました。資金がふんだんにあるような方に向けてというより、資産を運用していこうという方の目線が感じられた。実は、私は母が持っている物件を任されていた経験もあって、管理会社さんのことや管理の大変さも自分なりに経験していました。ムダなお金をかけず、どう管理し、運用していくかという大谷社長の考えに共感できました。


イケイケの会社だと思っていました。


不動産投資ブームに乗ってグングン伸びて、書籍も出して、高所得者の方しか相手にしないんじゃないか。ましてや、女だし!と、最初は思っていたのですが親切で、丁寧に接していただいて。紳士的で。社員のみなさんが仕事に対してやりがいを感じられていて、表情がいい方がたくさんいらっしゃるんですよ。


入居率が、50%→90%。


武蔵さんに3棟お願いしていて、その3棟目の物件なんですけど、その入居付けがすごく難しくて、入居率が50%以下でした。地域的にもかなり人気ないエリアで、このままいくと失敗するっていうコワさがありました。そうしたら、3月4月の入れ変え時期に、武蔵さんがきっちりと入居者さんをいれていただいて、90%!もうやる!っていう感じです。さすが武蔵さん、と思いました。


プロパンガスと自動販売機。


これも3棟目の物件ですが、竹島さん(武蔵)から、ガスを都市ガスからプロパンにしませんか。というご提案をいただきました。プロパンて自分の中ではイメージがあまりよくなかったんです。ただ、震災の時にプロパンの方がライフラインとして活躍したという実績があって。それに、どうしても給湯器を全て変えなければならない状態だったこともあり、プロパンガスさんを紹介していただきました。結果的に給湯器も交換もすべてプロパンガス会社さんの負担でやっていただき、しかも、新しくなって。経費も削減でき、入居者さんも快適になれて、よかった!って思っています。あと、物件の中に小さな空きスペースがあったんですけど。竹島さんが周辺の状況とかをケッコー調べていただいて、コンビニもないから、ここに自動販売機を置きませんかと。月、このくらいの利益になるという金額も提示していただいて。実際に置いてみると、予想の金額を超えていいんです。いや、すごくいい!私の大切な貯金箱っていう感じです。


水漏れがありました。


テナントさんで、水漏れがあって。そのときに武蔵さんの対応が遅くなって、私の方が先に現場に行って。テナントさんからも怒られるし。「水浸しだけど、どうするんですか」って、かなり強い口調で言いました。そうしたら、多分たくさん仕事はあったんでしょうけど、竹島さんがすぐに飛んできて、スーツのまま雑巾掛けをしてくれたんです。驚きまました。問題が起きた時の誠意を感じました。そのあと、工事会社さんとの連携もうまくいくようにしていただいて、今でもこまめに報告・連絡・相談をしていただきます。管理会社さんは私にとっては自分の会社の社員のような存在です。問題が起こることもあるけれど、そのあと、どう改善していくか。武蔵さんは、いつもちゃんと返してくれます。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

会社員(40代)オーナー0384

会社員(40代)オーナー その他画像

「貯金は、活躍できるお金を座敷牢に入れている感じ」


株式投資から収益物件、という人が私のまわりに多かった。


最初は株式投資を結構やっていました。株の世界で私が勝手に師匠のように思っていた人が何人かいるんです。10人くらいですかね。その人たちがみんなある程度の資産を築くと不動産にシフトしていくんです。それで、私も不動産の収益物件を勉強し始めました。


大谷社長の本が一番わかりやすかった。それとネットの評判。


本もかなりたくさん読みましたし、ネットからの情報もかなり調べました。オーナーとして10棟も所有されているとか、そういう方の本も読んだのですが、大谷社長は、主張が非常に明快でスマート。頭のいい方だなと思いました。構造的に利益が出るように道が連なっているのがよくわかるんです。とにかくわかりやすいんです。実は、私、出版社に勤めておりまして。その私が冗談ではなく、本当にいい本だと保証できる内容になっています。


最初の一歩が踏み出せない。


私もそうでしたが、収益物件は、本当に大きな借金をするわけですから、怖くてどうしても踏み出せない。そこで、ほとんどの人があきらめてしまうんです。でも、私の借金は入居者さんが返してくれるという発想を持つことができたら、私だけの借金じゃなくなる。じゃあ、入居者さんが入ってくれる物件をちゃんと探すことさえができればいい。というふうにリスクを減らすことができる。そうなると、一歩がラクに踏み出せます。私、銀行は諭吉の(もうすぐ栄一になりますけど)座敷牢だと思っているんです。諭吉が銀行から出ていけば、私の代わりにどんどん活躍してくれるのに、貯金という座敷牢にいるばかりに、活躍できないでいる。そんなかわいそうなことはさせられない!って(笑い)。


自宅を買うときは銀行に渋られた。でも武蔵の物件はフルローン。


私も、主人も働いていて、かなりしっかりとした頭金があったんです。借りる金額もそれほど大きな額ではありませんでした。でも、銀行から最初に「公務員ですか」と聞かれ「違います」と答えると、さっと引くのがわかりました。次に「一部上場企業ですか」と。「違う」と答えると、気持ちがずっと遠くにいったな、とわかって。本当に社会の荒波を感じました。ですから武蔵さんで物件を購入するときも、あのイヤな経験がよぎったんですけど、最終的にフルローンで借りることがでました。これは、私たちではなく、武蔵さんのスキームを銀行さんが信頼してるんだと。実感しました。


オーナーズクラブはすごいです。それに小澤さんと盛武さん!


このあいだ、オーナーズクラブに初めていったのですが、何棟も持っていらっしゃるような方とお会いし、情報交換ができるなんてスゴイです。それに、物件を購入したオーナー同士が自由に話せる環境があるなんて、武蔵さんはお客さんに平等なんだ、と思いました。「あなたは、そうだったんですか。うちは違いました」なんて、悪い情報があればそこでわかってしまう。それを自由に交流できるのは、全てがクリアで、絶対の自信がある証です。それから、オーナーズクラブでもずっと私のそばにいていくれた盛武さん、そして小澤さん。どんな質問にも、すぐに答えてくれて、毎月のレポートも正確で。すごく細くチェックする私の主人も納得するほど。感謝しています。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

会社経営者(40代)オーナー0383

会社経営者(40代)オーナー その他画像

「武蔵さんとは、10年の付き合いです」


武蔵は、「変だな」と思うところが全くなかった。


自分がマンションを買った時、ちょうど隣にワンルームマンションもできたので、そこをたまたま賃貸用として買ったというところから始まっています。その時初めて、こういった投資のスキームがあることを知りました。それから転職というか個人事業主みたいな形態になったので、節税対策として青色申告をするために収益用不動産をやろうかな、と。でも、だからといってセミナーも数えるほどしか行かず、細かく調べたりもせずという感じで。なぜ、武蔵さんにたどり着いたのかもあまり覚えていないんです。当時、太田専務にお会いして、いろんな質問をしてもきちんと答えていただいて、「なんか変だな」と思うことは全くなく、どんどんプッシュしてくることもなくて、冷静といいますか、誠実に対応いただいた。会話をしている中で、武蔵さんと付き合っていけそう、というのが人間的にわかったので、物件を購入し、管理もお願いしました。それからしばらくして本業が忙しくなり、そのまま10年、一棟の管理をお願いしている感じですね。


5〜6年前くらいから、武蔵さんの管理の質が上がりました。


たしか最初は、空室が出ても埋まるのに時間がかかったんですよ。1〜2年目は2〜3室あって、埋まるのに数ヶ月かかった。退去があると、半年くらい空室だったこともあったかな。繁忙期が近づいてくると「なんとか頑張ってください」とお願いして埋まるというか。それが今では、部屋が空いたらすぐ対応していただいて、空室もすぐ埋まり、満室が続くような形でうまく回っています。社員の方も、以前より返信の仕方だったり、スピードだったりで、頑張っていただいているなと感じますね。あと欲を言えば、出口戦略のアドバイスまでしていただけたら、うれしいです。たとえば私自身だと、武蔵さんから購入した一棟しか持っていないわけなんですけど、長い目で見た時にこの物件をどうしたらいいのか、というアドバイスがもうちょっとあるといいかな、と。去年、大規模修繕をしたほうがいい言われ、現場も見て、全額ローンを組む方向で、ご提案いただけたんですけども。有効活用とか、極端な話「今売らないとダメですよ」みたいなお話もいただけると大変ありがたい。そこは今後、武蔵さんに頑張っていただきたいところかなと思っています。


投資の中では、結構手堅いと思います。


もちろん変な物件を掴ませる危険性は考えないといけないんですが、自分がいい物件だなと思えば、そんなに大きな失敗はないんじゃないかな、と思っています。「何十棟も買っています」「専業です」という方でない限りめちゃくちゃ儲かるということはないと思うんですけど、ものすごい損をしたというのもないのかなと思います。ただ不動産に興味がないと、投資としてはちょっと難しいと思います。買ったあとも修繕が必要だったり、退去されて新しく募集をかけたり、武蔵さんにお任せできるといえども、何かしら関わらないといけないので。なので、興味があるならやってみてもいいんじゃないですかっていう感じですかね。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

オーナー0382

オーナー その他画像

「40の質問に納得のいく答えが、すぐ返ってきました」


物件を購入した会社に、そのまま管理もお願いした。入居率40%台に。


3年くらい前に2棟購入したんですが、その会社さんが「管理もやります」と言うので、流れでお任せしたんです。1棟目は購入した時点で半分くらい空室があったんですが、中々埋まらない。それどころか退去者も出て、心配になって、メールや電話で「何とかお願いします」と頼んでも、具体的な対策がない。「もう、家賃を下げるしかない」と言われてしまって。利回りの計算や収益の見積もりを考えて買っているのに、簡単に家賃を下げたら、赤字になってしまいます。どうしようもなく、自分で周辺の不動屋さんに(仲介屋さん)に、物件の営業に行ったんです。そうしたら、この家賃なら高くないと。しかも驚いたことに、私の物件を知らなかった。つまり管理会社は、不動産屋さんに私の物件を何も紹介していなかったんです。結局2棟とも、埋まらないままの状態が続きました。


武蔵さんへのお願いは、かなり慎重でした。


もう、どうしよう!ということになって。空室対策とか、管理会社とかでネット検索しました。そこで武蔵さんのHPに出会いました。そして実際に会うことに。竹島さん(武蔵)から入居付けのスキームを伺ったんです。それがとっても納得できました。まずは、地元の仲介会社さんに物件を紹介する。さらに地元だけでなく、都心のような違う地域からも武蔵さんのネットワークで入居者を呼ぶことができる。さまざまな仲介会社さんと密接に連携しているんです。それも順序立てて説明してくれて。でも「今度は絶対に失敗できない」そんな思いから慎重になりました。それで、家に戻ってから気になることを送ったんです。40項目。細かいところまで質問しました。管理会社さんによっては「うちのこと疑ってるな」なんて怒られるようなことだと思うのですが、竹島さんは、一つ一つに細かく納得できる回答をしてくれました。それもすぐに。それでお願いすることにしました。


武蔵さんが、前の管理会社との間にも入ってくれた。


武蔵さんにお願いすると決まってからも大変でした。前の会社さんから書類など、色々ともらわなきゃいけないことがあります。それが揃わなかったり、遅かったり。そこでも、竹島さんが前の会社さんに対応していただいて、助かりました。こんなところまでやっていただけるなんて、と。ありがたかったです。


「埋まりました」の報告の連続。入居率40%台が90%以上に。


実は私、入居率をエクセルでグラフ化しているのですが、武蔵さんに変わった6月からいきなり急上昇。目に見えて変わったなと。それから、増減はもちろんあるんですけど、今だに90%以上の入居率が続いている。武蔵さんは埋まるためのたくさんの工夫があるんです。例えば、この地域には女性が多いから、部屋も女性が好むコーディネートにしようとか。リフォームも黒のシックな感じで統一感があって。そうなると、仲介屋さんが「武蔵さん仕様だな」とすぐにわかるようになっている。「武蔵さんの物件なら中もしっかりとしているから安心」ということになって、入居者さんに薦めやすい。つまり、仲介屋さんの間でも武蔵クォリティが浸透しているんです。


定額リフォームがあるのも、決めた理由のひとつです。


管理料のほかに、リフォームの費用ということで、毎月武蔵さんにちょこちょことお支払いしています。これが私にとっては、すごくいい。以前は、リフォームというと一部屋で20万くらいかかっていたのですが、毎回見積もりが発生するんです。タバコを吸っていた人の部屋は高いとか、汚し方が汚いとか。毎回違って一つ一つ真剣に見積もり見て。今回はこんなになったとか。この毎回の変動が非常に怖い。心臓によくないです。出費が分からないわけですから。その点、定額制は毎月決まっていて。その中からリフォーム代をまかなうシステムです。精神的にも非常にありがたいです。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

会社経営者(40代)オーナー0381

会社経営者(40代)オーナー その他画像

「老後破産とか、利回り何パーとか。お客さんを単に煽るような取材なら、私は受けません」


顔出ししたからって信用される時代じゃない。


世の中には、不動産で騙されている人もたくさんいます。「売りつけて後は知らない」という無責任さ。老後破産、節税、利回りの良さ、入居率。不安と安定を組み合わせながら、その気にさせていく。そうしてたくさんの事件が起きている。「顔を出すから大丈夫です。信用してください」なんてことは通用しない。だから、今日は一人のお客として、自分が実際に経験したことしか話しません。ウソは言わない。私が武蔵さんにできることは、それしかありません。


不動産という怖い世界にはいった、という実感。


武蔵さんとの出会いはインターネットです。気になる物件があったのでポチッと押して始まりました。でも、オフィスにうかがうのが怖かった。たとえば、保険もふつうは大手から買います。ネットで知り合った人から買わないじゃないですか。そういう怖さですかね。面談は太田専務。「あの物件、売れちゃいました」と。そのあとは他愛もない話をして別れたのですが、「武蔵がいい」とはなれなかった。慎重になり、他の会社も見ました。2,3人でやっている雑居ビルの中にある会社も。カルチャーショックでした。服装や髪型も話し方も違う。質問にも答えられない。物件も見に行ってない。BtoBの仕事で、自分が見せた資料の説明できないなんてないです。それが、ふつうにこの業界ではあるんです。


買付証明を出したのに、1週間後くらいに不安になって、断った。


しばらくたってから太田専務から「宇都宮にいい物件が出ていますよ」と言われて、現地に一人で行きました。紹介された仲介屋さん(街の不動産屋さん)と話をし、入居付けが得意だと。満室だし利益も出ている。まだ当時は若かったし、なんとなく「これかなぁ」という感じで買うことに。「買付証明書にサインしてください」と。サインして買い付けました。2,3週間後に契約が設定されたと思うんですが、最初の1週間ですごく怖くなって。1億くらいの物件だったんですが、融資を組むので自分が払うわけではないけど。月額の返済金をみると給料がほとんど飛ぶし、妻と二人の子供のことも考えて。「もし、騙されていたらどうしよう」って心配になって。高校の親友が不動産業界にいて、デベロッパーをやっていました。とりあえず彼に相談しました。「お前この物件、どう思う」と。「酸いも、甘いもある世界だぞ」と言われもっと怖くなって。太田専務に電話して「やっぱり断ります」と言いました。今考えると、失礼だったと思います。面と向かって「あなた信用できません」と言っているようなもですから。買付証明のキャンセルは、法的根拠はないけれどご法度。完全なマナー違反。太田専務も絶対に上司に怒られるし、これで縁も切れると。本当にごめんなさい。という気持ちでした。電話の向こうで太田専務は「〇〇さんの気持ちがわかるからいいです、大丈夫ですよ」と言ってくれた。その時、言葉以上に太田専務がお客さんの気持ちに立って考えてくれているんだということがわかった。私も企業に勤めているからわかりますが、ほぼ成立した契約がなくなるなんてありえない。やはり企業は売り上げです。自分自身でも、太田専務のような行動ができてこなかったので余計に身にしみました。不動産業界にはとんでもなく悪い人もいるけれど、こういう人もいるんだ。「この人なら、信用できる」と思いました。


最初は管理から始まって、10年。頭に浮かぶ言葉は「安心」


さっきも話したデベロッパーの親友に「お前は俺を騙さないよな」と言って、不動産屋さんを紹介してもらい物件を買いました。ところがそこの管理がなっていなかった。悪い入居率、共有スペースからの電気泥棒、挙げ句の果てにいかがわしいお店をテナントに招き入れてしまう...。困って太田専務に電話しました。以前の経緯から管理だけなら断るはず。でも受けてくれた。そして営業の方がお客さんになりすまし、お店に潜入したりして、すべて解決してくれました。もう、10年のおつきあいです。武蔵さんの物件は、入居率がすごくいい。そして私が何かいう前に事前に手を打ってくれる。だから、もう物件も見にいっていません。今、パッと頭に浮かぶのは「安心」です。パートナーというより空気のような存在。ないと生きていけない。人として尊敬できる、目指せる太田専務に出会えてよかったです。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

会社員(40代)オーナー0380

会社員(40代)オーナー その他画像

「父の相続を経験し、自分の無知さを知った。今は、5棟すべて武蔵さん」


武蔵さんは、いっさい売ろうとしてこなかった。


2年前に父の相続を経験しました。20年以上、部品メーカーに勤務し普通のサラリーマンをやってきたものですから、医療、介護、保険、税金、相続、資産ということを考えたこともなくて。恵まれているんでしょうけど、父からの相続とか、父が持っていた不動産の収入もあったので、税金が多くなってしまっていたんです。その税金を何とかして抑えられないかなと思って、いろんなセミナーに参加するようになりました。多くの不動産屋さんは売ろうとしてくるのに対して、武蔵さんは一切売ってこない。私が中途半端な知識で質問しても、理解納得できるまで答えてくださる。自分でも不思議なんですが、初めて会った人にここまで話すのかと思うくらい、自分の状況とか悩み、不安なんかも聞いてもらって、どういった方法が自分に合っているのかを相談できたんです。そこでたどり着いたのが、ReBreath(リブレス・認定収益物件)の税スキーム。それと、古いアパートをその土地に必要な不動産に再生するという取り組みにも共感したというのもあります。自分の資産運用だけを考えれば、他社さんにお願いすることもあったのかもしれません。実際、武蔵さんに出会う前までは、1年以上ずっと踏み出せないでいました。武蔵さんの「三方よし」の考えを軸に経営されている姿勢や奨学金制度の取り組み、いろんな地域貢献活動もされているところにも共感し、迷わず購入を決めました。


今では計5棟。シミュレーションデータがくれる安心。


武蔵さんで物件を見つけてもらうと、5〜10年のシミュレーションデータを出していただけるんですけど、それがすごく細かくて!毎年の空室率とか、毎年の家賃値下げ分とか、保険とか。あと、購入した年の最初にかかる不動産取得税のことだとか、売却の時の税金も、全部計算されている。良く見せるようにきれいに作ってあるんじゃなくて、堅実なデータを作ってくる。じっくり読み込むと、そこにはウソがないとわかります。それに、武蔵さんは売ったらおしまいという不動産屋じゃない。再生、販売、管理、売却と、一連の流れで資産運用を考えてくれるので安心感があります。ほぼ武蔵さんにお任せですが、依存はしないようにしています。他社の物件と比較検討したり、自分でもデータをとったり、疑問に思ったことは武蔵さんにしっかり言うようにしています。


人生やりたいこと100リストをつくっています。


不動産を買うことが目的にならないようにしています。何十棟とかを持ってお金をため込むというよりも、妻と相談しながら将来こういうことがしたいねとか、どこどこに旅行してみたいとか、こういうものを食べてみたいとか、子どもにこういう体験をさせてあげたいとか、すごいことじゃないんですけど、人生でやりたいことを書き出すようにしています。そういうのを叶える時に巨額の資産は必要なくて、自分の中で年間のキャッシュフローがこれくらいまであれば十分かなというラインを決めて、それを目標として資産運用をしています。余談ですが、妻と子育ての会話だけじゃなくて、そういう将来のことも考えるような会話ができたっていうのも、ReBreath(リブレス)効果の1つだと思います。


最初は武蔵さんを勧めないと思います。


私には「最終的に武蔵さんが自分に合っていた」だけなんです。武蔵さんに話を聞いてみるっていうのは、非常に私としてはオススメですけども、他の方にとっては武蔵さんじゃないところが合っているかもしれない。なので、知人に相談されても、まずはいろんなセミナーに行って、本を読んで、いろんな知見を増やした方がいい、とアドバイスしますね。武蔵さんが信用できるかできないかは、一度ご自身でお会いになって話をしてから、各自で判断するべきだと私は思います。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

会社員(50代)オーナー0379

会社員(50代)オーナー その他画像

「2年前は、老後破産のことを考えていました。でも、今は夢の実現を考えています」


老後破産を考えていた男ですから。


会社員をやっていまして、来年に定年を迎えます。年収はそれなりによかったのですが、いろいろと使って、それほどの蓄えもなかった。本当に「老後はどうなるんだ」と不安になりまして。それで、しっかりと人生の棚卸しをしたんです。金融資産や人脈などをもう一度しっかりと見直してみました。その中で、それほど意識していなかった金融資産がたまたま育っていました。それと退職金なども合わせ、何ができるのかと真剣に考えてみたんです。その中でたどり着いたのが不動産投資。そこから行動が変わった。私の人生が大きく動いた感じです。


武蔵さんの提案した物件に一目惚れです。


4社目にお会いしたのが武蔵さんでした。ご提案いただいたのが鉄筋コンクリートのマンション。提案の翌日に見にいきました。外装の仕上がりも美しい。屋上防水も配管も大丈夫。しかも屋上からは富士山もキレイに見えて。いい!と思えました。でも、額がすごかった!かなり大きな額の投資になります。一瞬、躊躇。しかし「やろう」と腹をくくったんです。そこで、いい意味で吹っ切れた。覚悟ができたというか、気持ち的にも自分の中で成長した感じでした。


来年、定年の私が融資を引けた。武蔵さんの管理戸数実績のおかげです。


物件もよかったのですが、やはり人物ですね。担当の亘(わたり)さんに管理の押木さん。会う方が人として誠実。私がラッキーだったのは亘さんが、銀行出身の方だったということ。貸す側のことも、借りる側のことも熟知している。不動産は融資ありきなんです。融資が引けないと物件購入ができないことが多い。融資の年数は年齢でも決まってきます。私の属性では、ふつう融資期間が短いところを、低い金利で25年のフルローン。細かいところまで配慮いただいた亘さんのおかげです。そして、やはり武蔵さんの物件の力と管理戸数(15,000戸以上・令和元年8月現在)の実績は、金融機関も大きく評価しているんだと思います。
あと、物件の金額が大きかったので、私が独自に、地場の不動産屋さん(仲介)を回ってみたんです。そのときの武蔵さんの不動産屋さんに対するリーシング(入居活動におけるマーケティングなど)をうかがって、納得できました。そういった面でも、武蔵さんという会社にお願いできてよかったと思っています。


1日に4つの会社と4つの物件。それでも疲れない。


武蔵さんで物件を購入してから、自分がどんどんと前向きになっていくのがわかります。正直、今も武蔵さん以外の不動産屋さんともお会いしていますが、ある日の私の1日です。2棟目になる物件を亘さんから紹介を受け、始発のバスで川越へ。次が西荻に10時半。土地を見ました。次が世田谷まで行って中古の賃貸併用住宅を見ました。次が3時過ぎに池袋。駅の中は走り、駅から物件までは時間を測るために歩きました。朝一から出て、戻ってきたのが夜の8時過ぎ。疲れないんですよ。楽しいからなんです。2年前の私では考えられません。


夢があります。


昔からお酒が好きでいろいろなお店で飲んできたのですが、自分のBARを持ってみたいなと思っています。場所もある程度決めて、話が進み始めています。こういう気持ちになれたのも武蔵さんと出会えたから。武蔵さんとは一生付き合っていくつもりです。もし、友達が武蔵さんを紹介してほしいなら必ず紹介します。失敗しそうで不安な人ならなおのこと、最初は武蔵さんがおすすめです。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

会社員(50代)オーナー0378

会社員(50代)オーナー その他画像

「物件を1回、武蔵さんが買い取って管理・経営し、顧客に売る。という安心感で決めました。」


ワンルームを購入するという手もありましたが、埋まらなかったら収益がない。


ずっと会社勤めをしてきましたが、会社がどうなるか、なんてわかりません。そういった意味で、不安がつねになんとなくあるような状態でした。それで、不動産投資をしようと。株などと比べると、利回りは低いかもしれませんが、長いスパンでみると、安定的な収入を得られる、と。選択肢は2つありました。ワンルームから始めるのか一棟にするのか。でも、ワンルームは空室になったら、ずーっと空室のまま。当たり前ですが利益が出ない。一棟なら、2室空いても、他が埋まっていればいい、ということになります。大きな投資になりますが、リスクも減らすことができると思い、決めました。


最悪のシミュレーションをしてくれた。


もちろん他の会社さんとも比べさせていただきました。でも、武蔵さんだけが、こちらの質問に対して「最悪の場合はこうなります」というパターンを考えて、提案されてくるんです。しかも1案じゃない。数案。不動産会社さんは、だいたいみんないいことしか言いません。でも、武蔵さんの場合、この最悪という考えがあることで、安心感が生まれてくる。さらに「このケースだと何年後には、売った方がいい」という、出口まで具体的にご提示いただきました。


購入した物件も責任を持って武蔵さんが管理してくれる。


でも、やっぱり大きかったのは、自分が購入する物件のリスクの低さ、安全性です。武蔵さんが、中古物件を1回、買取り、修繕し、しばらく自社で管理運営をする。その中でよくないところは改善し、入居率を高くしたものを、私たちが購入する。しかも、購入した後の管理まで、武蔵さんがしてくれる。この仕組みが、決め手になりました。繰り返しになりますが、一棟という大きな投資に対して、できる限り少ないリスクでいける。つまり、もっとも安心できる投資になるわけです。さらに、うれしいのは、武蔵さんの管理だと、空室率が非常に少ない。もちろん、空室の場合もあったりするのですが、補填していただいたり、なんとかしようとしている努力が伝わってきます。その信頼感が、お任せできるという気持ちになります。


東京の丸の内に本社ビルがある説得力。


本社におうかがいした時に、驚いたのがビルです。東京の一等地の確か最上階の方だと思います。あのビルに入れるということは、企業として社会的な信用が相当あるんだろうなと。堅実な経営をされていないと無理なはずです。雑居ビルのようなところにある会社さんもありますので、余計に感じました。いやぁ、眺めもよかった(笑い)。


上場をしない、という大谷社長の思いを直接聞きました。


このあいだ、武蔵さんのオーナーズクラブに出席しました。武蔵さんの物件を購入されているいろいろなオーナーさんとお会いできたのも、すごくいい経験になりました。しかし、一番忘れられないのは大谷社長のお話です。上場を考えてかなりプランを立てていたのだけれど「上場しない」ということでした。上場をすると、投資家である株主の方に利益を配当しなければいけない。そのためには、毎年毎年、利益を上げていかなければならない。そのスパイラルにはまると、社員にノルマをかけざるを得ない。そうすると、無理に売らなくてはならない構図になる。それは、社員にもよくないし、購入するお客様にとってもよくない。上場すれば、役員には当然お金が入ります。だからリッチになれる。でもそれよりも、もっと大切なことがある、という大谷社長の人としての誠意に感動しました。素晴らしいご決断だと思います。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

会社経営者(50代)オーナー0377

会社経営者(50代)オーナー その他画像

「大谷社長の本は、200近く読んだ中で一番わかりやすかった」


大谷社長は専門家目線ではなく、おなじ投資家目線。


元々、手元にキャッシュがあると使ってしまう性分なものですから、投資用物件を考えていました。資産の目減りという不安はありましたけど、不動産という分野は、投資の中でも意外と答えがある投資。リスクをゼロにすることはできませんけども、限りなくゼロに近づける方法っていうのはあるのかな、と。たとえば、地震や火事。リスクを回避する面では保険があります。入居者さんがつかないという部分は、入居するような工夫をすることでリスクを低減できます。銀行からの借り入れも、融資の期間を長くして返済の金額を抑えるとか、さまざまな対処法があります。だからこそ、知識武装っていうんですかね、本を200冊近く読みました。そういった中で一番感銘を受けたのは武蔵さんの社長、大谷さんが書かれた本でして。当然、本を書かれるくらいですから、たくさん知識を持っていらっしゃる。けれども、それが素人に分かりやすく丁寧な表現で書かれている。こういったたぐいの本にありがちな、専門家の立場の意見というよりも、同じ投資家目線で書いてくださっていると感じました。それがきっかけで、物件2つの管理をお願いしようと思い、会社を訪ねたんです。数人の社員さんと話をさせていただいたんですが、歴史の長い会社ではないんですけれども、その部分を引いても余りあるような安心感がありました。本にも家族的な経営と書いてありますけども、それが具現化されているという感じ。若い方が多く、笑顔でイキイキと働いていらっしゃる方が多かったんです。若い方にお任せするのは不安という方もいらっしゃると思いますが、入居されるターゲットは50代の私よりも20~30代の方が大半でしょうから、その若さもメリットになるのかなと思います。


ほぼ満室。でもあえて言うなら。


武蔵さんとは、2年半ほどのお付き合いです。おかげさまで2つの物件ともほぼ満室状態。入居者の募集をするにあたっての戦略、たとえば敷金・礼金、家賃の設定なんかは大いに参考になりました。今回大掛かりなリフォームをお願いする予定なんですが、どういう視点で入居者様から選ばれるのか、いろいろなアドバイスをいただきました。たとえば、コンクリートが打ちっ放しの物件なんですけども、担当者さんとお話させていただいて、クロスは貼らずにコンクリートの魅力をそのまま生かしましょう、とか。どういう理由でどうコストをかけるかというご説明をいただいた上で、納得して話を進めることができました。ただ、あえて不満な点を申し上げるとすると、週一回のお掃除ですね、やはりオーナー目線でする掃除とはちょっと違うかなと。限られた時間や予算の範囲内なんでしょうけど、もう少し気づいて掃除できたのでは、と思うこともありますね。


シナリオなしのインタビュー。


正直、武蔵さんにとって都合のいいシナリオを渡されるのかな、と思いまして。そういうのが通常なのかなと。ところが、実際はシナリオがまったくない状態でインタビューを受ける。正直な商売そのものだなと思い、感心しました。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

会社員(30代)オーナー0376

会社員(30代)オーナー その他画像
「不動産投資を実際にされている社員が、その経験をもとに話している。
だから最終的にはその話を信じてみようと思ったんです」

なぜ、一棟の中古アパート・マンション投資をやってみようと思ったのですか。


私が証券の営業をしていて、お客様の一人が不動産投資をしていて、その方から「やってみたら」って推薦されたのがきっかけです。 その方がおっしゃっている、減価償却がお得とか、家賃が毎月入ってくるとか、まぁ話を聞いていて何となくイメージはできたんですけれども、減価償却って何なのかとか、そういうのが全く分からなくて。じゃあ自分の勉強の意味でやってみようというのがきっかけですね。


購入の決め手になった出来事や基準、考え方はございますか。


いくつかあるんですけれども、一つは武蔵の社員さんが不動産に投資している方がいたことです。多くて実際に。私も金融の営業をしていて思うのは、自分で持っている商品を勧める営業マンと持っていないのに勧める営業マンがいて。当然前者のほうが信用できるなと思っていて。それはたぶんなんでも一緒ですよね。 武蔵の社員さんで何人かお会いした中でも、ほとんどが不動産投資をされていて、その経験をもとに話している。だから最終的にはその話を信じてみようと思ったんですね。


実際に収益物件を運営されて、いかがですか。


基本的にはイメージ通りです。空室も埋めていただいているので、そこの不安感は本当にないかなと思います。 ただ、正直ちょっと予想外だったのは修繕でかかるお金です。ある程度イメージはしていたんですけれども、入居者の方が突然夜逃げをしてしまったとか、その費用が回収できないとか、そういうところで別途いろいろ費用が掛かってくるっていうのが予想外だったかなと思います。 そういったところは、逆に勉強になったんですがちょっと自分のイメージではなかったかなと思いますね。


オーナーズクラブにもご参加いただきましたが。


そうですね。いい会だったと思います。 同じ投資をやっているという前提の集まりに参加できました。普段はない経験なので。他のオーナーの方ともお話しできました。 その中の一人の方が投資の教育をする場を設けたほうがいいとおっしゃっていて。 私もそれにすごい同感です。不動産投資の投資経験・知識、株・証券・投信の知識は絶対あったほうがいい 。それも若ければ若いうちに。10歳20歳のときにあったほうが一生つかえるスキルになると思うので絶対あったほうがいいと思います。 けれども実際不動産投資をやっている、株をやっているのは一部ですね。いまなんとなく世間的にも投資ってしたほうがいいよねっていう風潮がありますが、なかなかそうなっていないという現実もあります。 その中で金融教育をする場があったほうがいいよね、という話で盛り上がりました。




※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

 

会社経営者(30代)オーナー0375

会社経営者(30代)オーナー その他画像

お任せしてみたら面白い展開になるんじゃないかなと思ってご連絡しました。


 


不動産投資をはじめられたきっかけを教えていただけますか。


投資会社に勤めておりまして、周りに不動産投資をしている人がぼちぼちいらっしゃったので、面白そうだなと。本を読んで、木造の築古が一番いいのではないかと思い、2014年に2棟購入したというのがスタートです。
大谷さんの本も何冊か、というか全部読んだんですけれども、「あ、この方まっとうなこと書いているな」と。そのときに武蔵コーポレーションの方にコンタクトを取ってお時間をいただいたんですね。けれども、その時点では僕の欲しいものとちょっと合わなかったのもありまして、物件の購入というお付き合いはなかったんですけれども、頭の片隅にはずっと残っていたという、そんなところです。


 


その後、管理をお任せいただきましたが。


物件はもともとの管理会社にお任せしていたんですけれども、一つどうしても埋まらなさそうな物件がありました。テコ入れが必要だなと。もともとの管理会社は地場で強いところでしたが、そこはエリアとして非常に競合が多いところだったんですね。だからお任せし続けていても状況は変わらないんじゃないかなと。昔、本で読んだ限りでは武蔵コーポレーションの場合他の地域からでも入居者をうまく募ってくることができるっていう風に僕は理解していましたので、お任せしてみたら面白い展開になるんじゃないかなと思ってご連絡しました。


もともと武蔵コーポレーションに管理をお願いした時点だと3室とか4室しか埋まっていなくて、これは困ったな、という状況でした。しかし、そのあと月一のペースで決まっていって最終的に満室になって。あとはそのまま稼働させていくか、それとも他の方にお譲りするのかっていうのはゆっくり考えていこうかなと思っておりまして、今非常に満足しています。


 


不動産投資を始められる方にアドバイスはありますか。


不動産をいくつか持っているので、周りの人からよく「不動産投資したいんだけど」みたいな話をされます。その時に言っているのはまず勉強してから取り組んだほうがいいということです。


僕自身は投資会社にいたので投資の素養はありました。ただそれでも個人の収益物件投資に関して集中的に有給休暇をとって4日間くらい、一日10時間くらいは勉強しました。多分40時間か50時間ぐらい投下して、ずっと座って本読んでたら腰痛くなってきちゃって歩きながら本読んでたら、知らない人に二宮金次郎!二宮金次郎!って言われて(笑)でもやっぱり勉強しないで業者さんのこと鵜呑みにしてやるっていうのは良くないです。最後に決めるのは自分なので。勉強して知識なり自分の判断軸なりを持って、きちんと収益の予測をたててきちんとしたところにお任せすれば基本的には負けない投資なんじゃないかなっていうふうに思っています。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

 

投資家(60代)オーナー0374

投資家(60代)オーナー その他画像

すでに物件を持たれていらっしゃいましたが、状況はいかがでしたか。


物件を2016年9月に購入しまして、30戸のうちの半分、15戸が空いていたんです。ただ空いていたといってもそれなりの利回りが確保されていたんですね。
半年かけて知り合いの業者に頼んで全部フルリフォームしてもらって、それなりに工夫もしたなと思っていたんですね。けれども、待てど暮らせど全く空き室が決まりましたよって報告が来ないんですね。
修繕のために私はローンを金融機関から借りていたんですけれども、ある時担当者がうちへやってきてこう言ったんですね。「毎月毎月ここに集金に伺っていますけどすごく心苦しいんです。太田の物件って確か全然埋まってないっておっしゃっていましたよね」そう言われたんですよ。
私その時本当に頭をガツーン!ってやられたような気がしたんです。まる2年、何もやってこなかったんです。これはやっぱり改善しなくちゃいけないなとその時本当に強く思ったんです。


そこで管理相談にいらっしゃっていただいたわけですね。


太田の物件で、山口さんにお会いして、最初は断られました。群馬は高崎と伊勢崎と前橋しかやっていないので申し訳ないですと伺って。その後太田が管轄エリアになったのでご契約を結ばせていただいた。そういう流れです。
山口さんの印象ですが、名刺に書かれた顔とそっくりだなって思ったのと、語り口が柔らかいのですごく安心感がありましたね。こちらは状況がかなり切迫していたので私のほうがむしろとげとげしい感じだったかもしれないんですけれども、山口さんの表情を見ているとすごく安心できましたね。


その後管理をお任せいただいて、状況も改善しましたが、その時の経験など踏まえて
他の不動産投資家の方へのアドバイスなどございますか。


今回太田の物件の件で本当にびっくりしたので、それから管理会社を変えると埋まることがあるよっていうことは色んな本に書かれていますし、そういった方たちの声を聞いたことがあるんですけれども、実際自分が体験してみるまではなかなか信じられなかったっていうところがあって。まさに御社のようにきちっと募集の方法、それから管理をする上でのいろいろなテクニカルなやり方、それをしっかりとわきまえているところにぜひ管理をお願いするようにアドバイスを送りたいと思います。人間関係がすごく大事なので、良い管理会社を見つけて、良好な関係を保っていただきたいということですかね。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

地主(70代)オーナー0373

地主(70代)オーナー その他画像

Q.当社に管理をお任せいただいた経緯について教えていただけますか。


建築して5、6年のころは入居するのが早かったんですよ。築が浅くてね。それが10年近くなってくるとこれはもうだめですね。
若い人の希望はなかなかこちらは感じ取れませんし。自分でやっても無理だなぁとも思いましたね。それで、武蔵コーポレーションさんとお付き合いを始める前はこの辺の不動産屋さん2、3社にお願いしていたんですけれども、空室が発生して短く決まることはあまりなかったんです。大体3か月、下手すると半年、長いときは1年近くというのが何回かありまして。そうなってくると焦ってくるんですよね。


そのときに近くの本屋さんでたまたま目に留まったのが大谷社長の本だったんですね。これはすごいなぁと思って。それで武蔵コーポレーションさんに電話したら、3日か4日後に来ていただいて。はっきり3か月以内に決めちゃいますからって言われて。どうなんだろうと思ったんですけれども、本当に言ったとおりに実績を上げられましてね。それから一度もね、3か月以上空いたことはないんですよね。



Q.ご自身で管理されていた時はいかがでしたか。


空室があるともうね…どうしようもないという悩みがあったんですね。それともちろん家賃集金に行っていたんですけども、滞納があると1か月、2か月とどんどん伸びていっちゃうんですよ。それで取り立てのために内容証明だとか調停だとかやったことがあって、その辺が一番自分で管理する面では大変でしたね。


例えば202号室とか、浴槽や洗い場の排水、掃除の仕方を知らない人がいて、入居して半年くらいたったときに詰まっちゃって、水が流れないと言われて。自分で行って掃除したこともありました。  
それで、管理の面も全て任せた方がいいんじゃないかなと思って。それで武蔵コーポレーションさんに募集のみならず、管理面も一切任せるようになって本当に今は安心しています。



Q.武蔵とのお付き合いや、ご自身の変化について、印象的なことがあれば教えてください。


送金明細や会報誌(武蔵タイムズ)も、きちんとされていますね。武蔵タイムズは見たら捨てるようなことはしないでとってあります。新入社員紹介の欄がありますよね。みんないきいきとしていて、希望をもっていて、素晴らしい会社だと思いますね。将来性があってどんどんどんどん社員が増えて。新しい事業も展開して将来有望だなと思いますね。


また、以前自分で管理しているときは、あまり時間もなかったんですね。サラリーマンもしていましたので。定年したら趣味でもやろうかという事で社交ダンスをやろうと思っていたんですけれども。武蔵コーポレーションさんにお願いするようになって、時間も作れるようになって、健康面でもいいかなと思って。社交ダンスも週に2回3回とできるようになりました。




※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

オーナー(60代)0372

オーナー(60代) その他画像

「誕生日にワインが贈られてきた」


銀行が私にお金を貸してくれる。それが、うれしかった。


収益用不動産の本を読み、「お金でお金を稼ぐ」「銀行の財布を使う」という考え方を知って、収益を得ることの面白さを感じたんです。それからいろんな会社が主催しているセミナーに出席し、初めて不動産を購入したのが7年前です。初めてみて、最初にすごい!と感じたのが、銀行が自分にお金を貸してくれる!ということ。実は20代の時に、クレジットカードの審査で引っかかっちゃって、つくれなかったんですよ。(笑)というのはやっぱり、私自身が当然信頼されていないから。


ところが、7年前の物件購入時は、この人にお金を貸しても大丈夫だ、と銀行からお墨付きをもらえた。それが10万、20万ではなく、何千万単位のものを貸してくれる。その分だけ自分が銀行に信頼されていると思うととてもうれしかったですし、以前より信頼がある人間になれたんだ、という感覚がありました。


2棟目で武蔵さんに出会った。


1棟目の時は、今よりも利回りのいい物件が市場に出ていた時期なんですね。ある程度落ち着いて、次の2棟目を探したんですが、中々条件に合う物件が出てこない。


そんな時に武蔵さんのセミナーに参加したり、大谷社長の書籍を読ませていただいたりして、武蔵さんなら……という気持ちになりました。そこで、お電話で物件を紹介してほしいとお話ししたところ、すぐに「いい物件があるので来てください」と。これだったら利益が出そうだ、ということで購入させていただきました。


物件が豊富。入居率95%以上。オーナーの家族のことまで考えてくれる。


武蔵さんのいいところを挙げるなら、3つです。
1つ目は紹介してくださる物件が非常に豊富であること。市場に出ている物件で利回りがよくて、建物がしっかりしている物件は少ない。出てきても早いもん勝ちで入手できない。ところが武蔵さんの場合は、築古の物件を回収し、入居者のニーズに適う物件に直した上で売っていただける。しかも武蔵さんを通すと物件として耐用年数を超えているにも関わらず、銀行からいい条件で融資が付く。自己資金を多く出さずにスタートを切れる。


2つ目は管理能力の高さ。入居率が95%を超えています。空きが出ても、最大でも3ヶ月で必ず埋めてくださる。


3つ目は物件の所有者や、その家族のことまで考えてくださること。
「社員は家族だ」という社風は、オーナーに対しても同じなんです。例えば、私の誕生日にお花やワインを贈ってくださる。私だけでなく家内も喜ぶ。そして家族みんなが幸せになれる。普通、贈り物といえば、お菓子や食べ物ですよね。ワインっていうのがオシャレ!粋な社長だなと思いました。


あえて要望を申し上げると、管理において所有者のニーズにあった選択肢ができるといいかな、と。例えば、会社に勤めている方は時間が取れないので、全部武蔵さんにお任せでいいと思うんですが、自分でやりたい方や時間に余裕がある方は自分でやることによって管理コストを抑えられる。そういった使い分けができると、もっといいかなと思います。


お金が貯まる楽しさで終わるんじゃなく、社会に役立つことに繋げたい。


日本では、高齢化社会が深刻化して、介護施設の不足が深刻化しています。一方で、身体に不自由はあるが、施設ではなく、自分たちで生活したい方もたくさんいます。そんな自活希望者のための住まいがあったらいいな、と。玄関がスロープ状になっていたり、シルバーカーを置くスペースがあったり、お年寄りみんなが集える憩いの場所があったり。そんなお年寄りの方たちが住みやすい集合住宅を作る。そして、家賃をいただく。両者にとってWin-Winの関係となりつつ、社会にとってもプラスになる。そんな、社会に貢献できるアパート経営をやっていきたいと考えています。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

開業医(50代)オーナー0371

開業医(50代)オーナー その他画像

・不動産投資を始められたきっかけを教えてください。


子供たちもいるし、いつまでも自分たちがずっと仕事ができるかどうかも分からないので何か資産運用しようかなと思っていました。知り合いの人たちは大体みんなFXとか株とかそういうのしているのですけども、そういうのはちょっと良く分からないし、こまめにデータを見るっていうのもできないので、大体任せておいていい不動産投資がいいかなと、自分には合っているかなという事で選ばせてもらいました。


・最初は区分マンションを購入されたとのことですが。


最初は区分がいいとか一棟モノがいいとか色々話は、書籍には書いてあるのですけども、たまたま知人が、こういうのがあるよっていう風に言ってくれてここにさせてもらいました。八王子ですけれど。


・区分マンションをご購入後、ご状況はいかがですか。


若いときに区分を買うならプラスになるのでしょうけど、ある程度歳を取ってするとどうしても月々の金額、手出しするようになっています。今自分でも大体十数万、毎月入れているような状態で、減価償却で返ってくると節税になるって言っていたのですけど、なんだかあんまりプラスになったっていう印象は持っていません。


・当社の投資相談をご利用いただいて、いかがでしたか。


武蔵さんの書籍を読ませてもらって直接話を聴いてみようと思って面談を申し込みました。不動産をするなら人口の多い東京、埼玉など関東圏を考えていましたから。

担当者さんに色々質問して、瞬時に的確な解答を得られました。他社ではなかったです。こんなこと。これは信頼できると思いましたね。(他社は)担当者がある程度上席の方だったのですけど、こちらから、分からないからどんどん聞いていくのですけど、上手く答えられない。部下を呼んだりどこどこ専門って人を呼んだりして、1回で終わったことないですね。数日かかることもあるし、その後しつこく電話があると。「ちょっと・・・。」と思ったのですけど、(武蔵の)小澤さんは、言ったことに対してパッと返ってくる。早いんですよ、レスが。この人はすごいなと思いましたね。


話を聞いてみて、減価償却ってやっぱり大切だなと、ここまで丁寧に分かりやすく説明してくれるところはありませんでしたから。


・当社の不動産投資スキームをおすすめしてあげたいな、という人はどのような人でしょうか。


やっぱり皆さんお子さんがいて、節税もして減価償却をうまく使えるような人っていうのは是非すべきだと思います。


・今後当社に期待していただけることは何でしょうか。


どうしても大きい物件は年齢的に難しいので、出来たら同じような規模の物件を数件持たせてもらえたら助かります。よろしくお願いします。



※イニシャルは仮名であり、本名とは関係ありません。

18ページ中2ページ目を表示

個別相談をご希望される方へ。投資に関するご相談はお気軽に!

無料投資相談申込みはこちら

お気軽にご相談・
お問合せください
無料投資相談 無料管理相談 未公開物件情報