サブリースと一般管理の違い

サブリースと
一般管理の違いとは?

当社では、一般管理プラン、サブリースプランの2つの管理プランをご用意しております。

一般管理

サブリース

しかし、当社にお任せいただく際、97%のオーナー様が
一般管理を選択されます。(令和2年8月期の実績)

「サブリースよりもいい!」と選ばれる武蔵の一般管理とは?

一般管理とサブリースの比較

空室リスク 利益
一般管理 あり 収益性 大
サブリース なし 収益性 小

ご覧の通り、一般管理はサブリースよりも収益性の高い管理プランです。

なぜ、一般管理の方が
サブリースよりも
収益性が高いのか?

一般管理とサブリースの収益性の比較

一般管理とサブリースの比較グラフ
一般管理とサブリースの収益性の比較
一般管理 管理会社へ支払うお金は管理費のみ
サブリース

サブリース会社の経費として空室の保証料(の性格をもつもの)も発生する

以上のような性質から、サブリースでは利益が少なくなるのです。

もちろんご自分の物件に空室が多ければ、一定の収入が保証されている「サブリースでよかった」となりますが、自分の物件に空室がなければ、他人の物件の空室分賃料が、自分の物件からの収入で補填されていることになります。
サブリース料率は、サブリース会社に赤字が出ないように計算されているため、必要以上に物件の利益を下げてしまうのです。

武蔵の管理物件は、
不利条件でも高入居率「空室が不安だからサブリースにする」というオーナー様も
多くいらっしゃると思います。武蔵にお任せください。

  • RC分譲タイプではなく、
    ただの木造アパート
  • 駅から遠い
  • 築20年以上

などの、一般的には不利な条件の物件をお持ちのオーナー様では、
よく耳にする「大空室時代」「人口減少」という言葉で
更に不安を掻き立てられている、という方も多いでしょう。

ただ、それだけで空室対策をあきらめ、
低い料率のサブリースを受け入れてしまっているオーナー様が多い事を
非常にもったいなく思っております。

不利な条件の物件でも武蔵なら

年間平均入居率97%維持

武蔵コーポレーションが管理している物件は...

  • 約半数が木造
  • 半数近くが
    駅徒歩20分以上
  • 9割近くが
    築20年以上

という条件ながら、
年間平均入居率97%を維持しております。

「どうせ入居するのであれば
サブリースでなくても良い」と、サブリースから移管される方、
一般管理を選ばれる方
増えてきています。

武蔵コーポレーションでは、
空室をあきらめることなく、
一般管理でオーナー様の収益最大化を
サポートさせていただきます。

どんなことでもお気軽に管理相談のお申込み