高い専門性に培われた管理運営アドバイス、オーナー様の経営代行として、オーナー様の利益を最大化するサポートをいたします!

平均入居率96%の管理方式でアパート経営を全面的にサポート!! 武蔵コーポレーションの賃貸管理

お電話でのお問合せ 0120-188-634 ご入居者様向けのHPはこちら TEL:03-6206-3520|お部屋のトラブル・契約・解約・お支払

管理のお問合せ 資料請求

ホーム > 武蔵コーポレーションの賃貸管理

Best Venture100|弊社が紹介されています

アパート経営革命

当社代表の大谷義武が、チバテレビ「シャキット!」出演

TV紹介

テレビ埼玉『埼玉ビジネスウォッチ』で当社が紹介されました。

TVCM

武蔵コーポレーション動画ギャラリー

武蔵コーポレーションの管理実績

  • 管理戸数 現在11845件

    11845

  • 平均入居率 現在97.1%

    97.1

よくあるご質問にお答えします!

  • どんな管理プランがありますか?
  • どうして入居率が高いのですか?
  • なぜ滞納があまり出ないのですか?
  • 管理を委託する場合の手続きの流れは?

関西・九州・東海・千葉在住の方へ!大阪・福岡・名古屋・千葉オフィスでの投資・管理相談受付開始します

ニュース・トピックス

  • すべて
  • ニュース
  • お客様の声
  • セミナー
  • セミナー2018年7月14日

    入居率96%を実現する管理方法のセミナー情報を更新いたしました。

    日本の人口が少子高齢化に伴い減少する中、世の不動産投資に対する関心は高まっております。 しかし、アパ―ト・マンションの経営そのものは、年々、厳しい状況に置かれているのが現実です。 全国のアパート・マンションの平均空室率は20%を超え、20年後の空室率は40%にも達するといわれています。 弊社では現在、各オーナー様よりお問合せいただき、お陰様で12,000戸を超える物件の管理をお任せいただいております。 近年、管理のご相談でご来社いただく方の多くが、直近半年~1年でアパート・マンションを購入された方でございます。 そして、ご相談いただく方のお悩みは「購入前に思い浮かべていた管理が実践できていない」という点に集約されています。 具体的には・・・ ・物件を取得をしたが空室が埋まらない ・物件取得後に空室が出てしまった ・売買仲介をした不動産会社に管理を任せているがレスポンスが悪い ・管理費用で管理会社を決めたが集金以外何もしてもらえない これらのお悩みはアパート・マンションを販売・仲介している会社の多くが『売ったら終わり』という考えをしていることから生じています。 当社も創業当初は管理会社ではなく、売買仲介会社として収益用不動産を投資家の方々に販売してきました。 しかし、販売後の投資家(オーナー様)の利益を最大化するという視点に立った販売を模索し、管理部門を立ち上げました。 管理会社の役割はオーナー様の利益の最大化をお手伝いをすることです。 特に物件取得直後の1年間はアパートの経営基盤となる最も大切な1年と捉えており、弊社でも各オーナー様には様々な施策をご提案しております。 弊社の管理戸数は12,000戸となり、多くのオーナー様へスケールメリットをご提供できる体制にもなりました。 人口減少に伴い、これからの賃貸市況はますますオーナー様に逆風の状況となり、賃貸経営はより厳しくなってまいります。 このような厳しい状況を乗り切りたいオーナー様は是非お申込ください。 =========================================

    【今回のセミナーはこんな方にお勧めです】

    ○空室期間が長期化している ○管理会社のレスポンス(メール、電話等)が悪い ○売買仲介をしてくれた会社に管理を任せているが不安だと感じる場面が多い ○購入してすぐに退去が出てしまった ○購入時のシミュレーション通りの収支にならない ○入居者対応がきちんとなされていない ○清掃・点検といった建物管理がきちんとなされていない ○管理会社から募集賃料を下げる話しかこない この中に当てはまるものがひとつでもあれば、是非このセミナーに参加して下さい。 ========================================= セミナーでは以下の内容をお伝えします。 【セミナー内容(予定)】 ◇アパート経営は二極化の時代へ ◇入居率を高めるには退去を防ぎいかに部屋を高く早く売るか ◇仲介営業マンの本音(紹介したい物件、紹介したくない物件) ◇仲介店舗をもつ既存管理会社の弱点 ◇入居率96%を実現するリーシングマネジメントとは ◇入居者獲得の3つのステップ ◇仲介会社向けホームページの重要性 ◇既存入居者を退去させない方法 =========================== ============== 本セミナーでは先着5名様にセミナー前後で個別相談を承っております。 こちらは先着順となりますので、お早めにお申込みください。 個別相談の方はセミナー終了後の11:00から実施いたします。 【ご参加における注意点】 本セミナーでございますが、物件をご保有の方もしくは、これから物件の決済を迎える方を対象にしております。
  • ニュース2018年6月18日

    【週刊エコノミストに掲載されました】

    6月26日の週刊エコノミストに当社についての記事が掲載されました。 是非ご覧ください。 以下掲載内容となります。 ーーーーー 不動産で反転功勢? 懲りないスルガ銀行 スルガ銀行の融資問題は不動産業界に打撃を与えている。 シェアハウス融資問題に揺れるスルガ銀行(静岡県沼津市)。シェアハウスに投資する個人投資家の融資書類を行員が改ざんしたことなどが指摘されるが、問題の全容解明を待たずに早くも不動産向けの融資で反転功勢の機会をうかがっているようだ。 スルガ銀から融資を受ける個人投資家は最近、スルガ銀の功員から呼び出され、今秋以降に新しい不動産向けローン商品の投入を検討していると説明を受けた。この投資家は、「アパートローンの借り換え功勢も仕掛けようとしているようだった」と話す。 スルガ銀はリスクの高い案件にも果敢に高金利で融資し、収益性の高さで他行の追随を許してこなかた。不動産に積極的に投資したい個人にとっては、他の銀行に融資を断られても、スルガ銀なら融資してくれるという“最後の砦”でもある。そのスルガ銀が金利水準を他行と同水準まで引き下げれば、「融資条件などノウハウの蓄積では優位性がある」(不動産コンサルタント)と見られている。   ただ、スルガ銀は編集部の問い合わせに対して「不動産向けローンで新商品の企画はない」と回答した。 停滞気味の投資用不動産 投資用不動産向け融資をめぐっては、金融庁が昨年、アパートローン向け融資の増加を問題視し。銀行側の融資に対する姿勢が消極化。そこに、スルガ銀のシェアハウス問題が追い討ちをかけた。個人投資家向けに収益不動産を販売する武蔵コーポレーション(東京都千代田区)の大谷義武社長は、「一部の銀行で物件の評価が厳しくなった」と指摘する。 別の不動産業者も「西武信用金庫など個人向け不動産融資の貸手は残っているが、スルガ銀ほどリスクをとる金融機関はない。融資を引き出せず物件を買えない投資家は多い」とため息をつく。不動産価格の値上がりによって投資利回りが低下していることもあり、投資用不動産の取引は停滞気味だ。 それだけに、「最後の砦」と君臨してきたスルガ銀が積極的な姿勢を示しているのは、投資家にとっては朗報だろう。ただ、不動産業界では「融資での書類改ざんはシェアハウス投資に限らない」「ずさんな融資は他行にもみられる」と指摘する声もあり、問題は収束するどころかさらに大きくなる可能性がある。 ーーーーー
  • ニュース2018年6月16日

    【お客様の声を更新しましたー資産形成(購入)編】

    「お客様の声ー資産形成(購入)編」を更新しました。 当社から物件をご購入して頂いたお客様からお客様の声を頂きました。 こちらのお客様は今回で5棟目のご購入となりました。短期間での多棟買いは、一般的には融資が出にくい現状があります。しかし、金融機関さんにも信頼を頂き、連絡から24日のスピード感でお引渡し出来、お客様にもご満足いただけました。 ↓↓URL↓↓ https://www.musashi-corporation.com/assetformation/
  • ニュース2018年6月15日

    【埼玉新聞に掲載されました】

    6月12日の埼玉新聞に当社についての記事が掲載されました。 是非ご覧ください。 以下掲載内容となります。 ーーーーー 給付型で奨学金を募集 武蔵奨学金 10月から支給開始  収益不動産の売買、仲介、賃貸管理を行う武蔵コーポレーション(さいたま市大宮区、大谷義武社長9が子供たちの教育支援の目的で設立した武蔵奨学会は、10月から開始する給付型奨学金給付に向け、1日から奨学金の募集を行っている。県内に住む経済的に恵まれない子どもたちの修学や進学を支援する。  申請できるのは、需給年に小学4年生~高校3年生のいずれかで、県内に住む学生。世帯収入(三親等内の親族からの支援を含む)が300万円以下の世帯員で、申請時において他の奨学金を需給していないことが条件。    支給期間は1年間(今年度のみ半年間)で、1年単位で更新が可能(更新時に再審査あり)。小学生は月額2万円、中高生は同3万円。それぞれ半年分を年2回に分けて支給する。返済は不要。    同社では、学生内定者への聞き取りで、奨学金返済に不安を抱く学生が多くいることを知り、2年前から社員の奨学金返済分を給与に上乗せする奨学金支給支援制度を実施。同社の担当者は「社員だけでなく、広く子どもたちの支援をしたいとの思いから今回の給付型奨学金を行うことにした。将来、社会貢献できる立派な人となれるよう、奨学金を役立てて学業に励んでほしい」としている。  募集期間は8月31日まで。一時選考は申請書と作文(テーマ「将来の夢・目標」)の提出。通過者には二次選考で面接を実施し、給付対象者を決定する。募集人員は10人。  申請書の申し込み・問い合わせは、同奨学会048-780-2736へ。 ーーーーー
  • ニュース2018年6月15日

    【社員研修旅行に伴う休業期間】

    平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、社員研修旅行に伴い下記の期間を休業とさせていただきます。 【社員研修旅行に伴う休業期間】 平成30年6月23日(土)〜平成26年6月26日(火) なお、6月27日(水)は弊社定休日のため、休業中のお問い合わせに関しましては、6月28日(木)以降に対応させていただきます。 休業期間中ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

一覧を見る

  • ニュース2018年6月18日

    【週刊エコノミストに掲載されました】

    6月26日の週刊エコノミストに当社についての記事が掲載されました。 是非ご覧ください。 以下掲載内容となります。 ーーーーー 不動産で反転功勢? 懲りないスルガ銀行 スルガ銀行の融資問題は不動産業界に打撃を与えている。 シェアハウス融資問題に揺れるスルガ銀行(静岡県沼津市)。シェアハウスに投資する個人投資家の融資書類を行員が改ざんしたことなどが指摘されるが、問題の全容解明を待たずに早くも不動産向けの融資で反転功勢の機会をうかがっているようだ。 スルガ銀から融資を受ける個人投資家は最近、スルガ銀の功員から呼び出され、今秋以降に新しい不動産向けローン商品の投入を検討していると説明を受けた。この投資家は、「アパートローンの借り換え功勢も仕掛けようとしているようだった」と話す。 スルガ銀はリスクの高い案件にも果敢に高金利で融資し、収益性の高さで他行の追随を許してこなかた。不動産に積極的に投資したい個人にとっては、他の銀行に融資を断られても、スルガ銀なら融資してくれるという“最後の砦”でもある。そのスルガ銀が金利水準を他行と同水準まで引き下げれば、「融資条件などノウハウの蓄積では優位性がある」(不動産コンサルタント)と見られている。   ただ、スルガ銀は編集部の問い合わせに対して「不動産向けローンで新商品の企画はない」と回答した。 停滞気味の投資用不動産 投資用不動産向け融資をめぐっては、金融庁が昨年、アパートローン向け融資の増加を問題視し。銀行側の融資に対する姿勢が消極化。そこに、スルガ銀のシェアハウス問題が追い討ちをかけた。個人投資家向けに収益不動産を販売する武蔵コーポレーション(東京都千代田区)の大谷義武社長は、「一部の銀行で物件の評価が厳しくなった」と指摘する。 別の不動産業者も「西武信用金庫など個人向け不動産融資の貸手は残っているが、スルガ銀ほどリスクをとる金融機関はない。融資を引き出せず物件を買えない投資家は多い」とため息をつく。不動産価格の値上がりによって投資利回りが低下していることもあり、投資用不動産の取引は停滞気味だ。 それだけに、「最後の砦」と君臨してきたスルガ銀が積極的な姿勢を示しているのは、投資家にとっては朗報だろう。ただ、不動産業界では「融資での書類改ざんはシェアハウス投資に限らない」「ずさんな融資は他行にもみられる」と指摘する声もあり、問題は収束するどころかさらに大きくなる可能性がある。 ーーーーー
  • ニュース2018年6月16日

    【お客様の声を更新しましたー資産形成(購入)編】

    「お客様の声ー資産形成(購入)編」を更新しました。 当社から物件をご購入して頂いたお客様からお客様の声を頂きました。 こちらのお客様は今回で5棟目のご購入となりました。短期間での多棟買いは、一般的には融資が出にくい現状があります。しかし、金融機関さんにも信頼を頂き、連絡から24日のスピード感でお引渡し出来、お客様にもご満足いただけました。 ↓↓URL↓↓ https://www.musashi-corporation.com/assetformation/
  • ニュース2018年6月15日

    【社員研修旅行に伴う休業期間】

    平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、社員研修旅行に伴い下記の期間を休業とさせていただきます。 【社員研修旅行に伴う休業期間】 平成30年6月23日(土)〜平成26年6月26日(火) なお、6月27日(水)は弊社定休日のため、休業中のお問い合わせに関しましては、6月28日(木)以降に対応させていただきます。 休業期間中ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。
  • ニュース2018年6月15日

    【埼玉新聞に掲載されました】

    6月12日の埼玉新聞に当社についての記事が掲載されました。 是非ご覧ください。 以下掲載内容となります。 ーーーーー 給付型で奨学金を募集 武蔵奨学金 10月から支給開始  収益不動産の売買、仲介、賃貸管理を行う武蔵コーポレーション(さいたま市大宮区、大谷義武社長9が子供たちの教育支援の目的で設立した武蔵奨学会は、10月から開始する給付型奨学金給付に向け、1日から奨学金の募集を行っている。県内に住む経済的に恵まれない子どもたちの修学や進学を支援する。  申請できるのは、需給年に小学4年生~高校3年生のいずれかで、県内に住む学生。世帯収入(三親等内の親族からの支援を含む)が300万円以下の世帯員で、申請時において他の奨学金を需給していないことが条件。    支給期間は1年間(今年度のみ半年間)で、1年単位で更新が可能(更新時に再審査あり)。小学生は月額2万円、中高生は同3万円。それぞれ半年分を年2回に分けて支給する。返済は不要。    同社では、学生内定者への聞き取りで、奨学金返済に不安を抱く学生が多くいることを知り、2年前から社員の奨学金返済分を給与に上乗せする奨学金支給支援制度を実施。同社の担当者は「社員だけでなく、広く子どもたちの支援をしたいとの思いから今回の給付型奨学金を行うことにした。将来、社会貢献できる立派な人となれるよう、奨学金を役立てて学業に励んでほしい」としている。  募集期間は8月31日まで。一時選考は申請書と作文(テーマ「将来の夢・目標」)の提出。通過者には二次選考で面接を実施し、給付対象者を決定する。募集人員は10人。  申請書の申し込み・問い合わせは、同奨学会048-780-2736へ。 ーーーーー
  • ニュース2018年6月14日

    【テレビ埼玉に奨学金制度が紹介されました】

    6月4日にテレビ埼玉の番組『マチコミ』にて、武蔵奨学会がはじめた給付型奨学金について埼玉県内に居住する学生が対象ということで、募集内容を紹介していただきました。 お問合せ先:一般財団法人 武蔵奨学会      (水曜・日曜・祝日を除く9:00~18:00) TEL:048-780-2763 / FAX:048-649-3331 担当 吉岡

一覧を見る

  • お客様の声2018年6月7日

    N.M様の事例を更新いたしました。

    武蔵コーポレーションで管理をして頂くまでは空き室がなかなか埋まらず、管理会社からは家賃の値下げや、室内のリフォームが必要等、アパート自体に問題がある為、空き室が埋まらないと指摘されていました。資金の余裕はなく、どうすれば空き室が埋まるのか悩みが尽きませんでした。そんな時にテレビ埼玉さんのCMで武蔵コーポレーションを知りました。

    初めは定額制のリフォーム代金が少々高く感じ、1~2年で出られると資金的に厳しいと感じておりました。しかし、武蔵コーポレーションさんが管理している物件の入居率は96%と高く、担当者の自信に満ちた対応に管理をお願いしようと決心しました。

    実際に管理が始まると、担当者から誠実に対応して頂いて安心してお任せ出来ました。また、空き室が出た時にも、すぐに契約が決まり感謝しています。強いて言えば、建物の維持管理費用が別になっている点が少々残念です。

    今後もオーナーの要望を大切にして維持管理して頂ければ幸いです。今後とも宜しくお願い致します。

     

  • お客様の声2018年5月14日

    K.S様の事例を更新いたしました。

    私は不動産が好きで、20代よりアパート購入を行ってきました。ただ当時は資金力や経験が少なかったことから、人が嫌がる要素の強い物件(入居者の低属性や全空室、自然死、ボロボロな物件等)をメインに、若さとパワーだけで購入をしてきました。その中でもとりわけクセの強い物件を昨年2月に心の中で「すまん」と思いながら、武蔵様にお願い致しました。

    購入当初の5年間は地元のおじいちゃん社長とタッグを組んで運営をしていましたが、なかなか問題が片付きませんでした。その苦労していた事の1つが、外国人入居者様との慣習の違いによるゴミ問題でした。中でも家族で粗大ごみ(鍋窯、自転車など)を拾っては物件に集めてきてしまい、こちらが費用を出して捨ててはすぐに集めるの繰り返しでした。そのことを含め、担当の竹島様に相談させて頂き、武蔵様の管理内容の中に粗大ごみ撤去のサービスがあると聞き早速実施して頂きました。今では当時の面影もなく、本当にゴミのないきれいな物件にして頂きました。また空室問題に関しても、一時期は最大で店舗2室、居宅3室の空室 が発生し、13年間の不動産運営で始めて逆ザヤを経験し、恐怖感を覚えました。それもあって担当の竹島様にも少しネチネチした電話をしてしまい、そんなかっこ悪いわたくしに対して、決して感情的になることなく冷静に傾向と対策をお話頂きました。ありがとうございました。

    そして管理をお願いし、1年強。無事満室を迎えました!(言葉になりません。)その満室までの過程を1年間見てきて、武蔵様の客付けの強さが少しわかった気がしました。一見すると大宮を見渡すソニックシティビルに当時本社を構え、社員も竹島様含め、埼玉に似つかわしくないスマートな立ち振る舞いの方が多いため、最初は泥臭い不動産の客付けなんてどうするのかな?と思っていました。しかし、満室の打ち合わせで訪問した際に居室担当営業の岡田様の本物件の客付けで不動産会社と交換した名刺の数(おそらく100枚以上)を何気なく見せてもらい、すべてが納得できました。こういった地道な地元の不動産会社様への訪問の積み重ねが完成度の高いPMシステムを作り、それが満室につながり、そして入居率96%を維持しているのだと分かりました。(店舗担当営業の岩澤様も難しい店舗を2件も決めてくれたので、超ジーニアスです!)

    竹島様、営業の皆様のおかげで満室というスタートラインに立たせて頂きました。これからも問題が多い物件ではあると思いますが、わたくしも柔軟に対応いたしますので、これに 懲りずお付き合いくださいませ。

  • お客様の声2018年3月27日

    K.O様の事例を更新いたしました。

    今までの管理会社との賃貸契約期間満了に伴い、今後どのようにすれば良いのかいろいろ考えていましたところ、金融機関様より御社をご紹介していただくことになりました。
    最初は担当の山口様の説明を聞きながら「果たしてその様に上手くいくのか」と心配をしていましたが、その様な心配は無用で1~3ヶ月で全室入居が決定致しました。
    「武蔵さん」のすごいところはこれだと思います。
    その他にも付随する受水槽や消火器、ゴミ箱の設置等、細部にわたり配慮して頂き感謝しております。
    只、ゴミ箱の中の整理整頓が気になります。今一度入居者様のゴミの出し方、分別方法等、当市のルールにのっとって出していただきたく周知の方宜しくお願い申し上げます。

    何かあれば担当の押木さんにすぐに連絡をしてしまいますが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  • お客様の声2018年2月27日

    M.N様の事例を更新いたしました。

    現在、札幌(1棟6戸)と宇都宮市(2棟12戸)に計3棟を保有し、うち宇都宮市の2棟を武蔵コーポレーションに管理委託しています。

    札幌の物件では現地の管理会社が市内の複数の仲介会社に幅広く営業をしてくださり、物件供給過剰地域でありながら、新築で取得して約11年になりますが、ほぼ満室で稼働しています。

    同じような管理をしてくれ、物件を販売してくれるところがないか探していたところ、武蔵さんに出会い、縁あって平成27年9月に宇都宮の再生物件2棟(12戸)を一括で購入させていただいたものです。

    購入後も太陽光発電の設置やキャッシュフローの改善につながる提案をしてくださるなど、常に顧客目線で対応していただいていることを感じます。

    空室については、購入して半年ほどは満室稼働していましたが、その後、立て続けに退去が続き3室ほどの空室が出た時期もありましたが、宇都宮支店の天野さんに粘り強く営業をしていただき、ほどなく埋めていただくことができました。
    その際に、市内の外国人学校など様々な方法で募集活動を展開していただいていることを聞いて驚いたものです。

    当初は築古木造のため心配していたのですが、このように空室が出ても速やかに埋めていただいているので大変助かっております。
    空室が出た場合には、物件や宇都宮エリアの特性などを加味して募集方法(家賃レベル、初期費用の設定)など細かく戦略を練っていただいていることを感じます。
    先日も6月末の退去という閑散期に入っての募集でしたが、8月頭には入居者を決めていただき、「さすが武蔵さん!」と思わずにはいられませんでした。

    メンテナンスについても、築古物件のために排水関係の大規模な修繕も発生したりして、ヒヤヒヤすることも少なくないですが、工事費用や支払い方法も含め、その都度丁寧に対応していただき、感謝しております。

    購入時にお世話になった折原さん、太陽光でお世話になった穴井さん、管理でお世話になった宇都宮支店長の天野さん、現在管理担当の松田さんには厚く御礼申し上げます。
    またこれからも追加物件の購入や管理での御社の素晴らしい仕事ぶりを期待しております。
  • お客様の声2018年2月6日

    T.N様の事例を更新いたしました。

    以前の管理会社のときは、空室が埋まらず、管理がずさんでとても悩んでいました。

    そこで不動産について勉強中に大谷社長の本を購入して読ませていただき、御社の独自の客付け方法やオーナーの立場に寄り添った管理方法に興味を持ちました。

    大宮の会社ということで、親近感があり、管理相談で詳しくお話を伺いました。

    当時はまだ、群馬県は御社の対応地域ではなく、お断りされてしまうかと思いましたが、当時の担当の方が「出来ますよ」と言ってくださり、説明も分かりやすくてしっかりしていたので管理をお任せしてみようと決めました。

    実際にお任せしてからは、すぐに入居付けに動いてくださり、満室にしていただくことができて、その後の管理も大変満足しています!

    今後は収益アップのための提案など、オーナーサイドに立った情報をご提供いただきたいです。

    また物件を購入した際にはお世話になろうと思っています!

    末永く宜しくお願い致します。

一覧を見る

  • セミナー2018年7月14日

    入居率96%を実現する管理方法のセミナー情報を更新いたしました。

    日本の人口が少子高齢化に伴い減少する中、世の不動産投資に対する関心は高まっております。 しかし、アパ―ト・マンションの経営そのものは、年々、厳しい状況に置かれているのが現実です。 全国のアパート・マンションの平均空室率は20%を超え、20年後の空室率は40%にも達するといわれています。 弊社では現在、各オーナー様よりお問合せいただき、お陰様で12,000戸を超える物件の管理をお任せいただいております。 近年、管理のご相談でご来社いただく方の多くが、直近半年~1年でアパート・マンションを購入された方でございます。 そして、ご相談いただく方のお悩みは「購入前に思い浮かべていた管理が実践できていない」という点に集約されています。 具体的には・・・ ・物件を取得をしたが空室が埋まらない ・物件取得後に空室が出てしまった ・売買仲介をした不動産会社に管理を任せているがレスポンスが悪い ・管理費用で管理会社を決めたが集金以外何もしてもらえない これらのお悩みはアパート・マンションを販売・仲介している会社の多くが『売ったら終わり』という考えをしていることから生じています。 当社も創業当初は管理会社ではなく、売買仲介会社として収益用不動産を投資家の方々に販売してきました。 しかし、販売後の投資家(オーナー様)の利益を最大化するという視点に立った販売を模索し、管理部門を立ち上げました。 管理会社の役割はオーナー様の利益の最大化をお手伝いをすることです。 特に物件取得直後の1年間はアパートの経営基盤となる最も大切な1年と捉えており、弊社でも各オーナー様には様々な施策をご提案しております。 弊社の管理戸数は12,000戸となり、多くのオーナー様へスケールメリットをご提供できる体制にもなりました。 人口減少に伴い、これからの賃貸市況はますますオーナー様に逆風の状況となり、賃貸経営はより厳しくなってまいります。 このような厳しい状況を乗り切りたいオーナー様は是非お申込ください。 =========================================

    【今回のセミナーはこんな方にお勧めです】

    ○空室期間が長期化している ○管理会社のレスポンス(メール、電話等)が悪い ○売買仲介をしてくれた会社に管理を任せているが不安だと感じる場面が多い ○購入してすぐに退去が出てしまった ○購入時のシミュレーション通りの収支にならない ○入居者対応がきちんとなされていない ○清掃・点検といった建物管理がきちんとなされていない ○管理会社から募集賃料を下げる話しかこない この中に当てはまるものがひとつでもあれば、是非このセミナーに参加して下さい。 ========================================= セミナーでは以下の内容をお伝えします。 【セミナー内容(予定)】 ◇アパート経営は二極化の時代へ ◇入居率を高めるには退去を防ぎいかに部屋を高く早く売るか ◇仲介営業マンの本音(紹介したい物件、紹介したくない物件) ◇仲介店舗をもつ既存管理会社の弱点 ◇入居率96%を実現するリーシングマネジメントとは ◇入居者獲得の3つのステップ ◇仲介会社向けホームページの重要性 ◇既存入居者を退去させない方法 =========================== ============== 本セミナーでは先着5名様にセミナー前後で個別相談を承っております。 こちらは先着順となりますので、お早めにお申込みください。 個別相談の方はセミナー終了後の11:00から実施いたします。 【ご参加における注意点】 本セミナーでございますが、物件をご保有の方もしくは、これから物件の決済を迎える方を対象にしております。

賃貸管理をお任せいただいたお客様の声

一覧を見る

まずはご相談下さい!0120-188-634 お問合せはこちら

管理に関するお問合せはこちら