不動産の登記にかかる費用は?費用の相場と安くする方法を解説

不動産 登記費用
  • 「今度不動産を買おうと思うけど、不動産登記の費用が分からない」
  • 「相続した物件の登記をしなくては…」

不動産の登記を行うことは、多くの方にとってめったにない経験かと思います。それゆえ、登記に関して分からないことが多く、困惑することも多いのではないのでしょうか。登記に関する費用もその一つでしょう。

この記事では、

  • 不動産の登記にかかる費用
  • 不動産登記の費用を安くする方法
  • 登記費用に関するQ&A

不動産の登記費用に関するこれらの事項について、初めて不動産の登記をする人にもわかりやすく解説します。


1.不動産の登記の費用

不動産の登記に関する費用は大きく分けて2種類あります。

不動産の登記費用の内訳

1つは登録免許税という税金です。登記手続きを行う際に、納めることになります。

もう1つの費用は司法書士への報酬です。登記手続きを全部自分で行うのは実際には難しく、手間もかかります。そこで、登記手続きは基本的に司法書士に依頼することになります。その際に司法書士に報酬を支払います。

それぞれの費用の種類と大まかな目安は次の通りです。

名前 費用の目安
登録免許税 土地購入時
(所有権移転登記)
課税標準額×2.0%
(※1)
新築建物購入時
(所有権保存登記)
課税標準額×0.4%
中古建物購入時
(所有権移転登記)
課税標準額×2.0%
(※2)
土地・建物の融資を受ける時
(抵当権設定登記)
融資金額×0.4%
(※3)
土地・建物を相続した時
(相続登記)
課税標準額×0.4%
(※4)
司法書士報酬 司法書士報酬 登記の案件により
1~11万円

※:課税標準については、実際の取引価格ではなく、固定資産税課税台帳をもとに算出された価額を用います
1:軽減措置あり(詳細は1.1.で解説します)
2,3:居住用建物の場合、軽減措置あり(詳細は1.1.で解説します)
4:免税措置あり(詳細は1.1.で解説します)
参照元:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/inshi/7191.htm

例えば、固定資産税評価額が5000万円の土地の所有権移転登記を行う場合、登録免許税は

5000万円 × 1.5%(軽減措置適用) =750,000円

で、75万円になります。

以下詳しく説明します。

1.1.登録免許税

登録免許税は不動産の登記をする際に支払う税金です。

納付については、登記を受ける時までに、現金または収入印紙(税額3万以下の場合)で納付します。現金支払いの場合は金融機関にて支払い、領収書を法務局に提出します。収入印紙で支払う場合は、金融機関や法務局内で印紙を購入します。
もっとも、これは原則の話であり、実際は金額にかかわらず収入印紙で納入することがほとんどです。

登録免許税の額は

課税標準額×税率

で決まります。課税標準額は固定資産税評価額をもとに、軽減措置等も踏まえて決定されます。融資を受ける際の抵当権設定登記については、融資金額に税率をかけます。

固定資産税評価額って何?

固定資産税評価額は固定資産税を課税する上での基準になる評価額です。土地の場合は時価の約7割程度が目安、中古建物の場合は再建築価格の5~7割、新築時は請負金額の5~6割になります。

登録免許税

また、税率は登記の種類によって変わります。主な登記の種類による税率は次の通りです。

登記の種類 税率 軽減措置
(1)土地を購入する場合(所有権移転登記) 2.0% 令和5年3月31日までの間に登記を受ける場合 1.5%
(2)新築建物を購入する場合(所有権保存登記) 0.4% 令和4年3月31日までの間に住宅用家屋を新築又は建築後使用されたことのない住宅用家屋の取得をし、自己の居住の用に供した場合の保存登記 0.15%
(3)中古建物を購入する場合(所有権移転登記) 2.0% 令和4年3月31日までの間に住宅用家屋の取得(売買および競落に限ります。)をし、自己の居住の用に供した場合の移転登記 0.3%
(4)融資を受ける場合(抵当権設定登記) 0.4% 令和4年4月31日までの間に住宅用家屋の新築(増築を含む。)又は住宅用家屋の取得をし、自己の今日中の用に供した場合において、これらの住宅用家屋の新築もしくは取得をするための資金の貸付等にかかる抵当権の設定登記 0.1%
(5)相続の場合(土地・建物共に) 0.4% 免税措置あり

(2)~(4)の軽減措置を受ける際には、床面積が50平方メートル以上であることや、新築又は取得後1年以内の登記であること等一定の要件を満たす必要があります。

その他の登記の種類や税率、軽減措置については、こちらのページをご覧ください。
参考:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/inshi/7191.htm

1.2.司法書士への報酬

登記をする際にかかるもう1つの費用は、司法書士に対して支払う報酬です。
こちらの報酬は依頼する司法書士や取り扱う物件の規模、案件の複雑さ(相続において、相続人の調査が必要か)等によっても変化します。

日本司法書士連合会のアンケートによると、おおよそ下記が報酬額の目安になります。

登記の種類 報酬額の目安
所有権移転登記 2~11万円
所有権保存登記 1~5万円
抵当権設定登記 2~7万円
相続による所有権移転登記 3~11万円

参考:https://www.shiho-shoshi.or.jp/about/remuneration/


2.不動産の登記費用を安くするには

登記費用を安くするには

1章で紹介した登記費用のうち、登録免許税については軽減措置を活用する以外で安くすることはできません。一方で、司法書士報酬については司法書士ごとに報酬額が異なるため、安くすることも可能です。

登記費用を安くする方法

この章では、登記費用を安くするための手段について解説します。

2.1.複数の司法書士に見積をとる

登記費用を安くする手段の1つは、複数の司法書士に見積をとることです。1章で解説した通り、司法書士報酬額の目安には幅があります。同じ案件でも司法書士によって報酬額が異なるためです。そこで、複数の司法書士に見積を依頼し、より安い報酬額の司法書士に依頼することで、費用を安くすることができます

もっとも、安ければ安いほどいいかというと、そうではありません。不動産を購入する場合などで不動産業者が司法書士を紹介してくれる場合は、どうしても費用を抑えたい場合でなければ紹介された司法書士に依頼するのがいいでしょう。安くなる費用は数万円程度である一方で、複数の見積りをとることで不動産会社との関係性に悪影響が出る可能性もあるためです。

2.2.自分で登記手続きを行う(非推奨)

登記費用を安くする手段として、自分で登記手続きを行うことが考えられます。司法書士に依頼する際にかかる報酬分を浮かせることができます。しかし、自分で登記手続きを行うのはオススメではありません。登記手続きにあたり、

  • 現地での調査
  • 必要な書類をそろえる
  • 図面の作成(表題登記)
  • 法務局への相談、書類の提出等による訪問

これらの作業をする必要があり時間と労力がかかるためです。これらはうまくいっても2~4時間程度の時間がかかってきます。また、特殊な事情等がある場合には自分で調べながら登記手続きを進めるのが難しくなります。

時間と労力がかかってもいいから費用を抑えたい、という方以外は専門家に依頼することをオススメします


3.不動産の登記費用に関するQ&A

この章では、不動産の登記費用に関する疑問を解説します。

3.1.氏名や住所の変更の登記にもお金はかかる?

→不動産1つにつき1000円。

変更登記の費用

登記されている氏名や住所に変更があった場合は、登録免許税として不動産1つ(厳密には1筆)につき1000円を支払う必要があります

司法書士に依頼する場合の報酬額は7000円~3万円程度です。

3.2.土地家屋調査士に登記を依頼するのはどんな場合?

→建物の表題登記をする場合に依頼する。

土地家屋調査士による登記

建物を新築した場合、建物の表題登記(まだ登記がされていない建物について、新規で行う登記)を行った後に所有権保存登記を行います。この2つの登記のうち、建物表題登記は土地家屋調査士に依頼します。

一方で、所有権の保存登記は司法書士に依頼します。

3.3.登記費用は経費計上できる?

→登記の種類や状況に応じて変わる。

登記費用は経費計上できるか

アパート等を購入して不動産投資を始める場合、購入時に支払う登録免許税は経費として計上可能です。一方で、不動産を売却する際にローンを返済して抵当権抹消登記を行った場合はその登録免許税を譲渡所得の経費とすることはできません。


4.おわりに

不動産登記を行う際の費用について、解説しました。普段聞きなれない言葉なので戸惑うこともあるかもしれませんが、登記にかかる費用は登録免許税と司法書士報酬の2種類です。登録免許税については安くすることができませんが、司法書士報酬については一応抑えることが可能です。

私たちは不動産投資に関する知識をお伝えしています。不動産投資に関するよくある疑問を解説した書籍も無料プレゼントしていますので、興味のある方はぜひお申し込みください。

「利益と節税効果を最大化するための収益物件活用Q&A50」無料プレゼント

未公開物件情報も手に入る
武蔵コーポレーションの投資相談

  • 自分が借りられる金額は?
  • 物件のどんなところを見て購入を決めればいいの?
  • 不動産投資でかかる費用は?

など、不動産投資をする上で避けられない疑問や不安を対面でお話しさせていただきながら、解消に向けてサポートさせていただきます。

相談会限定の物件紹介も行なっておりますが、ご紹介を希望されない場合は無理な営業を致しませんので、お気軽にお申し込みください。
(来社面談、WEB面談の両方が可能です)

気になった箇所から不動産投資の知識を確認!
収益物件活用Q&A50

不動産投資を始めるにあたって、
分からないと不安になる疑問点がたくさんありませんか?
本書は、不動産投資家の方に辞書的に使っていただき、

  • 部屋で自殺・他殺が起こったらどうする?
  • 税務調査の連絡がきたらどうする?
  • 相続税対策になる物件、ならない物件は何が違う?

など、不動産投資を進める上で浮かんでくる代表的な疑問50個をピックアップし、
380ページにわたってQ&A形式で回答しているものです。
ぜひ、あなたの不動産投資で迷った時のためにお手元に置いておいてください。

コメント

ten − two =