ホーム > 【日本経済新聞に掲載されました】

ニュース

NEWS【日本経済新聞に掲載されました】

2018年8月28日 【日本経済新聞に掲載されました】

8月28日の日本経済新聞に当社についての記事が掲載されました。

是非ご覧ください。


以下掲載内容となります。

ーーーーー

収益物件活用で資産を防衛!

~年収1000万円からの不動産投資入門~

収益用不動産への投資は、減価償却を活用した節税の視点がおおきなポイントになる。これをしっかり理解し、適切な物件に投資すれば、サラリーマンでも払いすぎた税金を取り戻すことが可能だ。武蔵コーポレーションが提供する認定再生物件「ReBreath(リブレス)」なら、初心者でも納得して不動産投資に取り組めるだろう。

節税効果が高いのは意外や築年数の古い木造アパート

 賃貸マンション、アパートなどの収益用不動産への投資は、賃料収入を得ることが大きな目的だが、減価償却のスキームを上手に活用すれば節税対策も可能で、年収が高い人ほど節
税効果は高い。
 「私自身、22歳で最初のアパートを購入し、現在、9等の賃貸マンション、アパートを保有していますが、不動産投資で失敗しないためには、物件選びを間違えないことが重要です」。こう話すのは、武蔵コーポレーション売買営業二部の穴澤勇人氏だ。

 節税効果の高い物件とは、ずばり、築年数の古い木造アパートである。法定耐用年数22年を超えた木造アパートは、最短4年で減価償却ができるので、不動産投資の損益をマイナスにして、本業で得た所得からこれを控除し、払いすぎた税金を取り戻すことができるというわけだ。

最適なリフォームを施し満室で引き渡す認定再生物件
 
 物件選び以上に大切なのが、パートナー(業者)選びである。物件の事情をよく理解したうえで紹介してくれているのか、また、本気で賃貸管理を行っているのかどうかを見極める必要がある。そうした条件を満たすのが、武蔵コーポレーションの認定再生物件「ReBreath(リブレス)」である。
 「ReBreath」は空室率の高い中古物件を同社が買い取り、適切なリフォームを施す。さらに一定期間、自社管理を行い、満室の状態で投資家に引き渡すものだ。「当社の一級建築士が70以上の項目について確認できた物件のみに保証書・認定書が発行されます。引き渡し後も5年間は雨漏りや設備の不具合に関わる工事費用は当社が負担します」(穴澤氏)。

 30歳代、年収1000万円前後のサラリーマンが、節税を目的として「ReBreath」で不動産投資を始めるケースも増えているそうだ。「物件ありきではなく、お客様が不動産に投資する背景をお伺いしてから、物件をご紹介しています。また、不動産投資を始めるには気を付けるべき店がたくさんあります。まずは、資産運用のニーズをお聞かせください」。(穴澤氏)


ーーーーー

不動産投資家向けコンテンツ

不動産投資相談を申込む