ホーム > 武蔵ONLINE記事一覧 > 収益物件の管理 > アパートのリフォームをローンで賄うには?

 

アパートのリフォームをローンで賄うには?
2018年2月9日

アパートのリフォームをローンで賄うには?

アパート経営を長期間続けていると、いつか必ず大規模なリフォームが必要になるタイミングがやってきます。または、築年数の古い物件を購入し、収益性を上げるためのリフォームが求められることもありますが、これらの大掛かりなリフォームを行う際は、そのためのローンを利用することができます。 ここでは、リフォームローンを活用するメリットや選び方をご紹介します。

アパートのリフォームで借入を活用するメリット

リフォームを行うときには、手元の資金を使う以外に、金融機関からの借入を活用するという選択肢があります。 リフォームローンを活用するメリットは、手元資金を崩さずに賃料収入で返済していき、それによって無理なく収益物件を活用していけることです。

 

手元資金は小規模なリフォームや設備修理、家賃滞納や事故などの万一の事態に備えてストックしておくことができます。 また、リフォームによって収益性が高くなれば利益最大化の効果も期待することができます。築年数の古い物件ほど、入居率のアップや家賃設定の引き上げなど、リフォームによる効果が実感できるでしょう。

リフォームローンを使う検討材料

アパートの大規模修繕工事や大掛かりなリフォーム、リノベーション、増改築など工事代が高額になる場合であれば、リフォームローンの利用を検討しても問題ないでしょう。

 

ただし、そのリフォームによって収益性が上がる、あるいは少なくとも収益性が落ちるのを阻止して現状維持できるという見込みがなければ、ローンを使う意味がないことになります。管理会社にも相談して意見を求め、計画を練ってみましょう。 その結果、採算が取れるという確信を得られれば、リフォームを実行に移す決断をし、そのために融資を活用してみてはどうでしょうか?

リフォームローンを活用する上で考えたい管理会社の選び方

リフォームローンにはさまざまなものがあります。銀行の場合はリフォームローンというパッケージ化された商品がない場合もありますが、相談を持ちかければ目的に沿ったローンが用意できるか検討してくれるでしょう。また、住宅金融支援機構にもリフォームを対象とした融資が用意されています。 ただし、銀行や住宅金融支援機構などのリフォームローンは多くの場合、担保が必要で、審査が厳しく、手続きも煩雑です。

 

一方、信販会社(クレジット会社)のリフォームローンは1,000万円程度までなら無担保というローンが多く、手続きも簡略化されています。審査時間も短く、スピーディーにリフォームを済ませて収益性を上げたいといったときに力強い味方になります。 問題は金利や借入年数ですが、これは実は提携している管理会社の力量に左右されます。というのも、信販会社は管理戸数、入居率といった管理実績に応じて商品を提供するためです。取引の多い管理会社に対しては、信販会社も低金利、長期の融資を提供します。実績の少ない管理会社の場合は逆のことが成り立ちます。

 

武蔵コーポレーションでは、ジャックスやオリコなどの信販会社数社と提携して、収益物件のリフォーム費用向けローンをご案内しています。現在は金利も安く、2~3%台で10~15年の借入が可能。リフォームローンに関しては、こうした信販会社のローンを利用するのがお勧めです。 武蔵流リフォームについてはこちらをご確認ください。

゜*。オーナー様の利益を最大化する「武蔵流リフォーム」。*°

大規模なリフォームは、古い収益物件の付加価値向上に役立ちます。リフォームローンを利用し、賃料収入で返済していくサイクルを作ることで、アパート経営を新しい軌道に乗せてみてはいかがでしょうか。

不動産投資家向けコンテンツ

不動産投資相談を申込む