ホーム > 武蔵ONLINE記事一覧 > 収益物件の管理 > アパート経営での管理は自主管理と管理委託どちらを選択すべき?

 

アパート経営での管理は自主管理と管理委託どちらを選択すべき?
2018年3月7日

アパート経営での管理は自主管理と管理委託どちらを選択すべき?

アパート経営における管理運営方法には、自主管理と管理委託という2つの選択肢があります。どちらを選択すべきなのかは、オーナーの置かれている状況とアパート経営に求めるものによって異なります。 自主管理と管理委託の違いを知るため、それぞれのメリットとデメリットを把握しておきましょう。

自主管理のメリット・デメリット

 

自主管理とは自分でアパートの運営と管理を行うスタイルの管理方法です。どこまでを手がけるかは人によって異なりますが、すべてとなれば入居者募集(募集依頼やリフォームの手配)、建物管理(点検、改修、清掃)、既存入居者対応(クレーム・要望対応、提案、家賃集金・督促・追い出し)などを担当することになります。

 

自主管理でアパート経営を行うことのメリットとデメリットは次のとおりです。

 

メリット

自主管理の最大のメリットは管理費用が抑えられることです。管理会社に依頼することなくオーナーみずからが管理業務を行うので、当然ながら管理委託費用は発生しません。また、建物や施設の状態、入居者の様子などを、細部に至るまで自分自身で確認することができます。

 

日頃から入居者とコミュニケーションを取っていれば安心感もあるでしょう。何かトラブルがあったときも入居者の協力が得られたり、お互いに気心の知れた関係性を築いたりすることで長期入居してもらえる可能性も高くなります。

 

デメリット

反面、管理のための手間と時間が取られることはデメリットです。1棟か2棟のアパートを経営するのならまだしも、それ以上になれば1人ではとても手が回らないでしょう。無理に自主管理しようとすれば、クオリティが落ちて入居者が離れていってしまう場合もあります。

 

また、建物や設備、さらには管理業務自体について専門知識が求められるシーンもあります。 例えば外壁タイルの劣化による浮きを早期発見する……といったことは素人には難しい面があり、しかも万一、その外壁タイルが落下すれば重大な事故に繋がる危険性もあります。 さらに、1人では入居者の満足度を向上させるためのアイデアを取り入れるといった点で限界があり、集客をするための戦略面などではどうしても後手を踏む傾向が強くなります。

管理委託のメリット・デメリット

 

では、管理会社に管理委託する場合はどうでしょうか。こちらもメリットとデメリットを見てみましょう。

 

メリット

オーナーの手間が減るのはもちろん、専門的な知識とノウハウを駆使して安定した管理体制を敷くことができます。さまざまなトラブルに対しても、これまでの管理実績や豊富な事例から対処方法が確立されているので、常に的確な対応・対処がなされるでしょう。

 

これは安心してプロに任せられるということであり、有能な管理会社を活用すれば、さらに詳細な状況報告や今後の改善点などについて提案を受けることもできます。オーナーは最終的な意思決定をすることのみ注力できるという状況を作り出すことが可能です。

 

デメリット

デメリットはコスト(管理委託費)がかかることです。また、安心して任せられる管理会社を探す手間もかかります。もしも管理会社がいい加減なところであれば、入居者から管理についてクレームが寄せられるでしょう。オーナーが物件や入居者の状況を正確に把握できないといった問題も起きることになります。

管理委託はどのようなオーナーに向いている?

 

管理委託が向いているのは、アパート経営以外に本業が別にある方、管理業務に関してそれほど専門的な知識やノウハウを持っていない方などです。また、複数棟のアパートを経営している方の場合も積極的に管理委託を活用すべきでしょう。

 

自主管理にはオーナーみずからが自分の考え方、やり方でアパートを経営していくという醍醐味があります。 一方、アパート経営を投資事業として捉え、最大限に収益を上げていくことを考えるのであれば、有能な管理会社を見つけてパートナーとして活用することをお勧めします。

 

管理会社を利用する場合は、信頼できる管理会社を見つけることが成功のためのカギとなります。管理会社の選び方が気になる方はこちらの記事もぜひ参考にしてみてください。 不動産投資の基本である賃貸管理会社の選び方は実績の確認を

 

↓↓↓ 書籍『「アパート事業」による資産形成入門』無料プレゼントはこちら ↓↓↓

書籍『「アパート事業」による資産形成入門』無料プレゼントはこちら

不動産投資家向けコンテンツ

不動産投資相談を申込む