収益用不動産を通じて人生の安定を 武蔵コーポレーション株式会社

メニュー

事例紹介ブログ 日々のお取引を公開!

事例紹介ブログ 日々のお取引を公開!

ホーム > 事例紹介ブログ

2020年8月24日

専務 太田の物件の行方!!⑬ ~界壁のはなし~

新築

界壁といえばレオP問題が思い浮かびます。レオP問題では多くの入居者さまが引っ越しを余儀なくされ、オーナーさまも大きな損害を受けるという社会的影響の大きな事件となりました。

私としては工事中に誰からもオカシイ??と声があがらなかったのか???が大きな問題であるとするべきで、働く職方の知識やチェックする側がちゃんと検査や指導をしていればこのような問題は発生しなかったと考えています。
確かに「設計図書」通りに造るのは当たり前なのですが、それでも常識的に考えてオカシイ部分については工事を止めて「設計図書」を変更してでも正すべきだと考えます。

さて造作工事が進んでいます。各階ごとに別々の大工さんに仕上げてもらいますので、同じ間取りで違う納まりにならないよう細かく打合せして共通認識をもつことが重要になります。基本的には3階担当のM大工さん(藤村俊二似のため以下おヒョイさん)がまとめ役にとなっているため周知、連絡を1本化することにします。

現場へ到着しました。3階天井の下地が組まれていて断熱材がすでに敷き込みされています。ここはおヒョイさんの造作範囲です。



おヒョイさんの脚立を借りて断熱材をめくり天井裏を覗きこみます。ここでのポイントは界壁の施工状況を確認することです。

界壁の状況です。軒裏までスキマなく施工してあります。界壁には石膏ボードが貼ってあるのですが、12.5mmのボードを2重貼りしています。これはその界壁に求められている「防火性能」「遮音性能」を確保するために決められているのです。


おヒョイさん:「そんなに細かくみなくてもちゃんと貼ってあるよ!!!」ワカッテマスって!おヒョイさん・・・疑うわけではないのですが・・・ちゃんとできているか確認するのがワタシの仕事なので・・・・。

つづいて2階と1階の天井裏を確認します。

問題なく施工されています。こちらは脚立がなくても目視で確認することができました。

前にも同じようなコトを言いましたが・・・

「見えなくなる所こそ丁寧に仕事しているかが重要なのです!!!!」


見えるところに不備があったとしても、それは手直しすることができるワケで、見えないところを丁寧に仕事する職人さんは見えるところも丁寧に仕事をするものなのです。もちろん見えるところすら雑なのは論外ですが・・・。



前回、FRP防水をしていたベランダです。サッシとシャッターが取り付けされています。

 

いよいよ工事も大詰めを迎えることになります。




【オマケ】

界壁とは長屋や共同住宅でみられ各住戸の間を区切る壁のことを指しているのですが、この壁が「小屋裏または天井裏に到達しているか否か」がポイントとなっていました。昨年6月に建築基準法が改正され「界壁規制の合理化」の条件を満たす場合は「小屋裏または天井裏に到達しなくてもよい」ことになりました。



共同住宅等の界壁に関する基準の合理化(法第30条及び令第114条関係)

1  長屋又は共同住宅の界壁(法第30条及び令第22条の3関係) 従来、長屋又は共同住宅の各戸の界壁は、一定の遮音性能を有するものとし、小屋裏又は天井裏に達せしめなければならないこととされてきたところ、長屋又は 共同住宅の天井の構造が、界壁と同等の遮音性能を有するものとした場合には、当該長屋又は共同住宅の各戸の界壁を小屋裏等に達するものとしなくてもよいこととした。

2 共同住宅等の界壁の代替措置(令第114条第1項関係) 従来、長屋又は共同住宅の各戸の界壁は準耐火構造とし、小屋裏又は天井裏に達 せしめなければならないこととされてきたところ、法第30条の改正により、天井の構造が一定の遮音性能を満たしているものについては、界壁を小屋裏等に達するものとしなくてもよいこととしたことを踏まえ、自動スプリンクラー設備等設置部分とすること及び天井を強化天井とすることに関する技術的基準について、令第114第2項の防火上主要な間仕切壁と同様の基準を位置付けることとした。

2020年8月3日

専務 太田の物件の行方!!⑫ ~外装工事~

新築

外出の自粛や日常生活への制約による変化の中でストレスや疲れをためているかたも少なくないと思います。そのような中でも「規則正しい生活をして免疫力をあげたい」とか「体力アップして抵抗力をつけたい」というような声が多くみられるみたいです。

私も運動不足と体幹トレーニングを兼ねてはじめました!!・・・・「スケートボード!!!???」。近所の公園(スケボーOKな公園です。)で「シャ~~~シャ~~~」とコソコソ練習しているワタシです。最初のうちは転んでもいいようにと完全防備していたため周りからみるとそうとう怪しいオジサンに見えたに違いありません。案の定・・娘の友人に目撃されまして・・・・・


さて外装の話です。造作工事が進んでくると内装と外装の工事を並行して進めていくことになるのですが、内装は工務店の大工さんが、外装はメーカーの職人さんが工事を進めていきます。

外壁です。ウォーターガードⅢ(透湿防水シート)の上にカナモノをつけます。



これは外装材の位置や空気層を確保するためのカナモノとして取り付けしています。



建物のコーナー部分も専用のカナモノを設置して取り付けていきます。



外装材ですが1時間準耐火構造にも対応した窯業(ヨウギョウ)系のサイディングで親水(シンスイ:汚れが落ちやすい)仕様になっています。


「雨で汚れが浮き上がってキレイに流れ落ちるのです!!!」


技術は日進月歩で進化しています。親水技術など割りと新しい技術は経年による劣化データがそれほどありません。良い商品ということは理解できますが、しっかりと今後のなりゆきを見守りたいと思います。



ベランダの床はFRP(繊維強化プラスチック)防水をします。FRP防水は軽量で高強度、耐候性にも優れているため木造ベランダの防水に適しているのです。


ベランダの掃き出しサッシは雨仕舞い(雨水が建物の中に浸入するのを防ぐこと、またはその方法。)のカンケイで防水が完了してからの取り付けとなります。

2020年7月27日

専務 太田の物件の行方!!⑪ ~中間検査~

新築

今日は確認検査機関による中間検査がおこなわれます。

新築の建物を完成させるには、その建物が建築基準法などの法令に適合しているかどうかの現場審査をクリアしなければなりません。中間検査とは建築確認と完了検査の間に受ける検査で特定工程(とくていこうてい)と呼ばれているのですが、この検査に合格しない限り後工程を進めることができないのです。

さて私は朝8:30に現場へ到着。雲は多めですが太陽が出ているので明るくて気持ちのよい朝です。検査官が到着するまで時間がありそうなので一通り建物を確認していきます。金属系(ガルバリウム鋼板)の屋根葺きが完了していました。



黄色いロープが張ってあります。これは屋根作業をする際に安全帯(墜落制止用器具)のフックを掛けるためのもので、職人さんが安全に作業できるように現場を整備するのも私たちの大事な仕事なのです。

棟板金(むねばんきん)と言うのですが、台風の後によく街に落ちているナゾの金属の正体はコレです。コレがないと「降雨=雨漏り」という図式が成立してしまうワケです。



足場を移動しながら足場の安全面をチェックしていきます。ひと通り歩いた感想としては段差も少なく要所の離れや控えも取れていて「まぁ合格!」といったところでしょうか。何故「まぁ」なのでしょう・・・安全とは危険がないか考えることなので細かいこと言いだしたらキリがないのです。とにかく・・・

「安全+第一です!!!」

赤くシミが!!!?・・見た目ちょっと不気味な感じですが・・・これは防蟻処理剤の塗布跡で塗ったブブンがわかるように塗布剤に色がついているのです。

今ちょうど検査機関の検査官S氏が車で到着した模様です・・・。すっかりお馴染みの検査員S氏は学者のような雰囲気なのですが物腰が非常に柔らかな方なので相談もしやすくて助かります。

中間検査は検査官S氏と私の2名でおこない図面をもとに各部の寸法を測りながら柱、横架材、筋交いの位置、間隔、使用する部位ごとに決められた金物、防蟻処理などを確認していきます。
S氏はあいかわらず厳しい表情で図面と現況をチェック。そして私はS氏の検査進行がスムーズにいくよう建物を案内していきます。

1時間ほどで検査がおわりました。・・・1箇所だけ接合方法について指摘をいただきましたので後ほど修正して報告することにします。


さてこの後は、造作工事が本格的に進んでいきます。

2020年7月14日

専務 太田の物件の行方!!⑩ ~軸組み~

新築

昭和56年6月1日に建築基準法が改正され新耐震基準が定められました。カンタンに言いうと大規模の地震動で建物の中や周辺にいる人が建物の倒壊に巻き込まれて被害を受ける状況を改善するような基準に変更されました。

ちなみに大規模の地震動とは阪神淡路大震災クラスの震度6~7の地震のことを指しているのですが旧耐震基準では震度5程度までしか言及されておらず、いわゆる大地震については何も定められていなかったワケです。


さて今日は前回の続きとなります。組み立てた柱や梁をカナモノで固定をしていくのですがカナモノだけでも数種類あり、それぞれ決められた場所へ固定しなければなりません。繊細な作業がつづきます。

ホールダウン金物は主に木造軸組工法の建物で使用する補強金物のひとつで地震や台風時に柱が土台や梁から抜けるのを防ぐために必要となり柱脚と柱頭の両方に取り付けます。

木造軸組工法はピン構造といいまして、そのままではグラグラ動いてしまうので左右の柱と上下の横架材に斜めの部材(筋交い)を入れることで耐力を分散しているのです。

いかにも強そうにみえる外壁の下地材はダイライトを使っているのですが釘のピッチ(外周部100㎜以下、中通り200㎜以下)が細かく決められているので、これらの基準がちゃんと守られているかチェックしていきます。

おなじみ品確法には耐震等級もありまして1から3の等級が割り当てられています。等級1は新耐震基準を満たしていることを示し、等級2は等級1の1.25倍、等級3は1.5倍の耐震性能が備わっていることを示しています。

武蔵の新築は耐震等級2で設計
しています。

新耐震基準の1.25倍強いということになります!!!

野地板(屋根の下地材)の上にルーフィングと呼ばれる防水紙が張られています。水下から水上に重ね張りしていくのですがシート張りがちゃんと出来ていないと雨漏りの原因となるので慎重なチェックが必要となります。


さて、いよいよ造作工事となります! 鼻息を荒くして注目しましょう。

 

 




【オマケ】


旧耐震基準と新耐震基準の違いは、震度5程度と震度6以上のそれぞれの地震に対する耐震性能に表れています。

まず、震度5程度の地震が起こった場合、旧耐震基準では建物が倒壊、あるいは崩壊しなければよいという基準でした。それに対して、新耐震基準では震度5程度の地震を受けても建築材の各部が損傷を受けないことが条件であると定められています。

つまり、昭和56年(1981年)以前に旧耐震基準にもとづいて建てられた建物が震度5程度の地震を受ければ、建物の各部が損傷を受けるということも大いにあり得るのです。

また、新耐震基準では震度6~7程度の大規模地震についても言及されており、そのレベルの地震を受けても倒壊、あるいは崩壊しないという条件が定められています。しかし、旧耐震基準では大規模地震についての記述は一切ありませんでした。いわゆる大地震については何も定められていなかったのです。

このことは、旧耐震基準の建物に住んでいる人は大地震が起こったときに建物の倒壊に巻き込まれてしまう可能性があるということを意味しています。


中古住宅の取得を考えている場合は新耐震基準を満たしているかどうかに十分注意が必要です。具体的には建築確認済証の交付された日が1981年6月1日以降であることを確かめるとよいと思います。

新耐震基準を満たしていない可能性がある中古住宅よりもむしろ新築住宅の購入を検討したほうがよいかもしれません・・・。

2020年6月11日

専務 太田の物件の行方!!⑨ ~建て方(上棟)~

新築

いよいよ建て方(上棟)が始まります。まず1階の柱を立てることから始めるのですが朝からクレーン車の設置や、たくさんの木材が次々と搬入されるので、あわただしくガードマンさんも大忙しとなりそうです。

応援大工の親方たちも加わり10名近くでの作業となります。大勢の大工さんで一気に建物の骨組みを組み立てる光景は圧巻で、これはもう立派なライブです。「建て方ショー」と銘打ってお客さんを呼んでビールとつまみを現場で売りましょう。下手なイベントを見るより感動します。ワクワク、ドキドキ感という意味では東京ディズニーシーへ行くか、それとも武蔵の建て方を見るかというぐらい迷います。レジャーシートを敷いてビール片手に家族揃って楽しみましょう。

1階柱を仮置きの後は1階の梁や胴差しなどの横架材を組み立てます。
このままではグラグラしてしまうので仮筋交いと呼ばれる木材を斜めに取り付けて固定していきます。

クレーン親方による準備がはじまりました。このクレーン車は4輪駆動の自走式です。4本のアウトリガー(脚)を張り出して車体を水平にしながら地面にしっかりと踏ん張ります。

クレーンの足元に「シヨし出張全完」と書いてあります。・・・ツヨシは出張が多いらしいが、すべて終えたと記してあるようです。他にも作業半径内立入禁止とか、旋回注意とか、吊り荷の下に入るなとか、コメントがいっぱい車体に書いてあります。やたらと注文の多い車です。

2階の床が敷き終わったら2階の柱を立てていきます。思ったよりずっと速いテンポで作業が進むので油断していると写真を撮り損ねてしまうほどです。床に降ろされた木材は大工の親方たちが次々と立てていきます。

大工の親方がクレーン親方に指示を出してゆっくり横架材を下げていきます。
これらの材料は工場でプレカットされていて仕口や継手と呼ばれる接合方法により上から落とし込むようにして組んでいきます。


上の写真のように1日で建物の外観がイメージできるくらい組みあがります。ひとりの大工さんがクレーン親方へ手合図しています。ここまで建つとクレーン車から積荷スペースが見えなくなるので、手合図を頼りにクレーンの操作をすることになります。巧の技とチームワークが必要な作業です。

翌日は3階柱の組み立てから始まり屋根の骨組みである小屋組みの工程まで進んでいきます。
この上に野地板(屋根の下地)を設置することになるのですが話が冗長に流れそうなので・・・今回はこれで。