収益用不動産を通じて人生の安定を 武蔵コーポレーション株式会社

メニュー

事例紹介ブログ 日々のお取引を公開!

事例紹介ブログ 日々のお取引を公開!

ホーム > 事例紹介ブログ

2020年1月16日

資産整理のためのご売却【仕入れ案件のご紹介】

仕入れ案件

皆さんこんにちは。

年末年始の雰囲気もある程度無くなってきまして、
また仕入れ活動も活発になってまいりました。

さて、今回ご紹介するのは昨年末に仕入れが完了した物件です。

某アパートメーカーで建てられた、築18年の比較的きれいな物件でした。
(当社の仕入れ物件の築年数は25~30年程度)

メンテナンスも行き届いているため、仕入れ後の外壁塗装や
屋上防水工事も不要な状態でした。

売主様がこちらの物件を売却する理由は資産整理のためでした。

もし、不動産をお持ちの状態で相続が発生した場合、
資産の配分はややこしくなります。
特に、収益物件は管理をどうするかなど、専門的な判断が求められるため、
相続後に負担になってしまうケースもあります。

そのため、不動産を現金化することで、資産をお子様たちに残す際に
分かりやすくしたいとのことでした。

こちらは満室でもあったので、すぐに商品としてお出しできる
かもしれません。

今回は、以上です。

次回もよろしくお願いいたします。

2020年1月7日

【仲介事例のご紹介】宇都宮市一棟アパート

出口戦略仲介物件

皆さん、あけましておめでとうございます!

本年も引き続きこちらのブログで様々な事例紹介をしてまいりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回は仲介のご契約が成立いたしましたので、
そちらを取り上げたいと思います。

今回の売主様は、当社と古くからお付き合いいただいている方で、
売却物件も6年前にご購入いただいて、その出口戦略となる案件でした。

↓ご契約の様子(売主様(手前)と、管理担当の竹島(奥))

物件は宇都宮市にある1棟アパートで、
当社がリノベーションを行った「自社再生物件」でした。

宇都宮市は当社が7年前に支店を設置したエリアで、
管理戸数は1000戸を超えております。

宇都宮市全体の入居率は96.4%となっておりまして、
北関東でも、当社が得意としているエリアと言えます。


(お引き渡し前のため、画像は加工してあります)

物件は2Kタイプの間取りが8戸あり、内装は綺麗にリフォームしてあるので、
安く広い部屋に住みたいというニーズに応えた物件となっております。

ご融資については、これから買主様のご希望の融資条件を引き出せるように、
ファイナンスアレンジも取り組んでまいります。
今回は以上です。

次回もよろしくお願いいたします。

2019年12月27日

入居率が低い物件の注意点とは【仕入れ案件のご紹介】

仕入れ案件

こんにちは!

今回は、仕入れ案件の事例をご紹介させていただきます。

不動産業者様から収益物件のご紹介を受けていると、
入居率が異常に低い物件のご紹介を受けることがあります。

入居率が低くなる理由は幾つかありますが、例えば

①親からアパートの相続を受けたが、賃貸経営に興味が無く
物件の手入れをしなかった

②管理会社にやる気がなく、ちゃんと入居付けをしてくれない


③室内リフォームを行う資金力がなく、入居率が下がり、家賃収入が減り、

そして物件のバリューアップのための資金がなくなる悪循環

④サブリース契約の解除


などがあります。


今回は、④が一番近い事例かと思います。

20戸のアパートですが、なんと全ての部屋が空室になっている、
「全空き物件」でした。

そうなった理由としては、この物件が「元社員寮」だったためで、
そのサブリース契約が切れたことで全空き物件となりました。

アパートにはツタが絡まっており、雑草も生え放題であったため、
このままでは入居付けは難しいかと思いますが、
こちらを処理して、綺麗にリノベーションしてあげれば問題ありません。

「全空き物件」は入居付けの家賃設定を間違えると、大きく収支計画が
狂いますので、その点は普段以上に注意が必要です。

メリットとしては、元「全空き物件」で、直近ですべての部屋の
リノベーションが
終わっている場合は、物件としての資産価値が
高まっている状態とも言えます。

入居率が低い物件をご検討される場合は、それらを踏まえて、
物件をご判断いただければと思います。

本物件は、これから1~2ヵ月かけて外壁塗装工事、屋上防水改修工事、
そして内装工事等を施して、再生させます。

その後、全20戸のお部屋の入居付けを行います。
時間はかかりますが、これらの再生が終わったら、販売活動開始です。

次回もよろしくお願いいたします。

2019年12月24日

軽井沢の別荘を購入しました②【現在、リノベーション中】

その他

前回は、軽井沢の別荘のリノベーション前の写真を公開いたしました。

そして、今回は現在行っているリノベーションの途中経過をご覧ください。

リフォーム中の画像はこちら↓

<10月頃>

(外壁を塗る前は、白っぽい色でした)


(部屋の中も部分的に解体します)

<11月頃>

(外壁がダークブラウンに塗られました)


(内装はまだまだこれからです)

<12月頃>

(だんだんと整ってきました)


(キッチンも置かれました)

当社の建築士がフルパワーでリノベーションに取り組んでおります。

年内に、一通りの工事が終わるとのことなので、
完成しましたら、ご紹介させていただきます。

次回もよろしくお願いいたします。

2019年12月23日

軽井沢の別荘を購入しました①【リゾート事業 第一号】

その他

こんにちは!
当社では、今建築部が大変忙しい日々を送っております。

それは、今年スタートした幾つかの事業で、そのほぼ全てが
「建築」の要素が絡んでいるからです。

さて、そのうちの一つを今回ご紹介させていただきます。

 

【リゾート事業】

事業内容:「リゾート地の空き家となった別荘を買い取り、リノベーションした上で、売却や賃貸をしていく」

そんなリゾート事業の第一号として購入したのが、
「軽井沢の別荘」です。

まず、購入当初の画像をご覧ください。

別荘は築29年の木造で、室内は少し古い印象です。

こちらを、全面リノベーションして、生まれ変わらせてまいります。

次回、リフォーム中の画像をご紹介したいと思います。