収益用不動産を通じて人生の安定を 武蔵コーポレーション株式会社

メニュー

事例紹介ブログ 日々のお取引を公開!

事例紹介ブログ 日々のお取引を公開!

ホーム > 事例紹介ブログ

2020年1月25日

出口戦略におけるバリューアップ工事の重要性【仲介事例のご紹介】

出口戦略仲介物件

こんにちは!

本日は仲介物件の出口戦略の事例をご紹介いたします。

こちらの物件は、当社で8年前に仲介をさせていただき、
ある程度運用ができたということで、今回もご売却のお手伝い
をさせていただき、出口を迎えていただきました。


ご購入いただいた際は、特段大きな修繕工事は行われておりませんでした。

しかし、物件のバリューアップのために、購入いただいてから3年後に
外壁塗装工事、屋上防水工事を行っていただきました。

このような物件保有時のバリューアップ工事を行うメリットは
多々ありますが、その一つに出口戦略で効果を発揮する点が
挙げられます。

中古の収益物件の売却を行う場合、ネックになるのは下記の2点があります。

①建物の不具合を投資家が懸念して売れない
②建物の修繕が行われていないことで、銀行が融資をしない

どちらも、物件を売る上で大きな問題となり得ます。

しかし、売却の数年以内に大規模なバリューアップ工事を行っていただくことで、
売却時の懸念を大きく軽減できます。

物件の購入を検討される方はもちろん、融資をする銀行のご担当者様が
物件の現地確認を行うケースが増えていることを踏まえると、

売却前に物件のバリューアップ工事を行うことは、
大きなメリットをもたらすと考えられます。

今回も、物件のバリューアップ工事は資産価値を高めると同時に
出口戦略にも効果を発揮いたしました。

出口戦略も様々なケースがありますので、
次回以降も事例紹介をしていければと思います。

2020年1月24日

収益物件の『作りの良さ』について【仕入れ案件のご紹介】

仕入れ案件

こんにちは!

今回の仕入れ案件は、RC造で大変作りの良い1棟マンションです。

入居率は悪かったのですが、画像の通り
側面の窓の形
外壁のタイルの模様
廊下のタイル床の模様
これらは、パッと見ただけでも珍しいのではないかと思います。

こちらの物件はある有名な設計事務所が設計した物件で、
当社の建築士から見ても大変作りが良く、細かいところに
工夫が見られるとのことでした。

また、実は築年数が経っている物件なのですが、
古さを感じさせない物件だと思います。

仕入れはどの物件も特色があって面白いですね。
引き続き、こちらのブログでご紹介していきたいと思います。

次回もよろしくお願いいたします。

2020年1月21日

お客様の声をいただきました

こんにちは!

当社では、お取引を終えた後に、お客様から「お客様の声」という
メッセージをいただいております。

今回は、いただいたメッセージと、ご購入いただいた物件について
ご紹介したいと思います。

お客様には、当社のオフィスまでご面談にお越しいただいて、
そこで不動産投資についてお話したのが最初の出会いでした。

そして、当社でご紹介した物件を気に入っていただき、
昨年4月に1棟目、8月に2棟目をご購入いただきました。

<1棟目>

<2棟目>

いただいたお客様の声の一部を抜粋いたします。

以前から参加して見たかったセミナーにお邪魔し、太田専務の大変為になる
お話を聞きもう1棟!と言う気持ちが強くなり、担当の小澤さんに相談。
すぐに物件を紹介してもらい、前回同様丁寧かつわかりやすい説明をしていただき、
帰りには買付証明を渡していました。
その後も銀行との金利の交渉や決済までの全ての段取りなど1棟目同様スピーディーに
進めていただき、お付き合いまもなく2棟のオーナーにしていただきました。

今回いただいたお客様の声の全文や、他のお客様からの声は、下記のURLから
ご覧いただけます。

https://www.musashi-corporation.com/voice/

このような温かいお言葉を糧に、これからも業務に励んでまいります。

それでは、次回もよろしくお願いします。

2020年1月20日

ポートフォリオを予め考える【葛飾区1棟マンションの事例紹介】

自社再生物件

こんにちは!

当社で扱う物件は埼玉・千葉・神奈川が多く、
東京都内の物件は年数回程度となっております。

今回は都内の物件のお取引事例をご紹介いたします。

葛飾区内にあると同時に、駅から徒歩3分という好立地物件でした。

築47年の築古物件ではありましたが、当社で大規模改修工事を実施しており、
外装・内装共にキレイに仕上げられております。

物件を購入いただいたお客様は地方から都内、中古から築浅まで
幅広くポートフォリオを組まれる方で、今回も好立地の物件という
判断基準のもと本物件をご購入いただきました。

今回のお客様のように、複数棟購入するという方針の場合、
どのようなポートフォリオを組むかを予め考えるのは
重要な戦略かと思います。

今回は以上となります。

次回もよろしくお願いいたします。

2020年1月18日

第一回座談会セミナーを行いました

その他

こんにちは!

当社では、毎月数回様々なテーマでセミナーを行っています。

先月行ったのは、
『元銀行員に聞く!融資と物件をテーマにした座談会』
と題して、銀行出身のパネラーがいくつかのテーマで
ディスカッションをさせていただくという、初めての試みでした。

↓パネラーからの説明

↓ファシリテーターの太田

今回のディスカッションテーマは、こちらでした。

■物件視察で金融機関&不動産会社が見るポイント

■融資付け交渉の裏側
■元バンカーが語る買える人・買えない人の違い
■オーナーズクラブが生み出す投資家の相互交流
■実績から見る、出口でとるべき戦略

課長の飯沼が、自身の不動産投資の購入、売却に関する話をした時は、
大変盛り上がりました。

参加者の方からのご質問も多くいただき、
いつも以上に活気のあるセミナーとなりました。

これからも、不動産投資に関するセミナーは開催させていただきますので、
ご興味がありましたら是非お越しください。

■セミナー開催予定はこちら
https://www.musashi-corporation.com/seminar/

次回もよろしくお願いいたします。